肌の役割って何?

  • LINEで送る

朝、鏡をのぞいて、「今日は肌つやがいい!」「あっ、ニキビができてる!」「なんだかくすんで見える」など、肌の調子に一喜一憂する毎日。小さな変化も見逃さないように入念にチェックしてしっかりケアする。そんなお手入れ法はいろいろ知っていても、肌そのものについては、案外知らないことが多いのではないでしょうか?

そこで今回は、肌の働きやしくみなど、肌の基礎知識を学んでみましょう。肌そのものについて正しく知ることは、より効果的なお手入れに役立つはずです。

肌アップ

肌の働き

肌(皮膚)とは、体の外側を覆っている組織です。その表面積は、平均的な大人で約1.6㎡と言われ、畳1畳ほどの大きさに相当します。重さは体重の約16%と言われているので、体重50kgなら8kgあることになります。

このように人体で一番大きな組織である肌(皮膚)は、体を守るさまざまな役割を担っています。具体的には次のような働きがあります。

■保護・保湿(バリア機能)
肌の重要な役割の一つがバリア機能です。肌の外側からアレルゲンやウィルス、紫外線などの外部刺激が体内に入るのを防ぎ、体内の水分が蒸発するのを防ぐ働きがあります。

■感覚器官
肌には感覚器としての働きがあり、痛い、触った、押された、熱い、冷たいなど、さまざまな感覚を感じます。

■体温調節
暑いときには汗をかいて、寒いときには縮こまる。これも肌の働きの一つです。暑いときは、毛細血管を広げて熱を逃し、汗を出してその気化熱で体を冷やす。逆に寒いときは、毛細血管を収縮させて熱が逃げるのを防ぎます。こうして体温を一定に保つように調節しているのです。

■吸収作用
肌はバリア機能によって外的刺激や異物の侵入を防いでいますが、脂溶性ビタミンや女性ホルモンなどの脂溶性物質は、肌の表面や毛穴、皮脂腺などを通じて吸収(経皮吸収)します。湿布薬や狭心症の貼り薬などは、この働きにより効果を発揮します。

■分泌・排泄
汗や皮脂を分泌する時に、体内の老廃物を排泄します。

■貯蔵作用
肌の皮下組織に、脂肪をエネルギー源として蓄える働きがあります。

肌は3層構造

では、次に肌の構造について見ていきましょう。

肌は、外側から「表皮」、「真皮」、「皮下組織」の3層構造になっています。

肌の構造

肌の一番外にある「表皮」は、さらに角質層、顆粒層、有棘層、基底層に分かれます。このうち肌の最表面にある角質層は、肌の重要な働きであるバリア機能を担っています。わずか0.02mmほどの非常に薄い層ですが、肌の最前線で外的刺激の侵入や水分の蒸発を防いでいます。

肌の約95%を占める「真皮」は、主にコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸という3つのうるおい成分で構成されています。表皮を下から支え、ハリや弾力を保つ重要な役割を担っています。

肌の3層構造の一番下にある「皮下組織」は、ほとんど脂肪(皮下脂肪)でできています。この皮下脂肪がクッションとなって外部からの刺激や衝撃をやわらげたり、断熱や保温を行うことで体温を維持したりする働きがあります。また、皮下組織には動脈や静脈が通っていて、肌に栄養を届けたり、老廃物を運び出す役目も果たしています。

肌の一生 ~ターンオーバー~

さまざまな肌の役割の中でも特に重要なバリア機能。美容にも健康にもなくてはならない機能ですが、このバリア機能がしっかり働くためには、肌の生まれ変わり「ターンオーバー」がカギとなります。

バリア機能を担う角質層のある表皮では、毎日一番下の基底層で新しい細胞・角化細胞が生まれています。

角化細胞はあとから分裂した細胞に押し上げられながら、有棘層、顆粒層へと上がっていき、約2週間で角質層に達すると細胞が平らになり、核のない死んだ細胞・角層細胞となります。

この角層細胞は、さらに2週間かけて角質層の一番上まで到達すると、垢となって少しずつ自然にはがれ落ちます。この営みのことを「ターンオーバー」と言います。肌は約4週間かけて生まれ変わっているわけです。

ターンオーバー

このターンオーバーが正常に働いていれば、角質層の角層細胞はレンガを積み上げたように整然と並び、その下は健康な角化細胞で満たされ、バリア機能の高い肌となります。

また、角質層の潤いを保つセラミドやNMF(天然保湿因子)などのうるおい成分は、角化細胞が育み、角層細胞に変化する時に角質層に放出されます。うるおいに満ちた肌はバリア機能がしっかりと働き、外部刺激の侵入や水分の蒸発を防いでくれます。

反対にターンオーバーが乱れると、バリア機能が低下して、肌の内側からどんどんうるおいが逃げ、外からの刺激が肌の中に侵入しやすくなります。その結果さまざまな肌トラブルを起こしやすくなります。

美しい肌

いかがですか?肌の役割やしくみを知ると、肌にとって良いこと、悪いことが見えてきます。肌について正しく理解して、日々の丁寧なケアを積み重ねることが美肌への近道です。健やかで美しい肌づくりへの一歩を始めましょう。

  • LINEで送る