毛穴が目立つ原因は?

  • LINEで送る

女性の肌悩みで多いのが「毛穴」のトラブル。毛穴の開きや詰まりなど、鏡を見るたびに目につき、会話していても視線が気になってうつむきがちになってしまうことも。

目立つ毛穴対策には、毛穴の役割や目立つ原因を知った上でケアすることが大切です。正しい毛穴ケアで自信が持てる肌を目指しましょう。

毛穴を気にする女性

毛穴の役割

目立つ毛穴を鏡で見ては、「いっそ毛穴なんてなければいいのに」と思ってしまいますが、毛穴は私たちの体にとってはなくてはならないもの。大切な役割を担っています。

人は気温や体温が変化しても、体温を一定に保つことができます。この体温調節に欠かせないのが毛穴の働きです。暑いときには毛穴を開いて体内の熱を逃し、寒いときにはぎゅっと閉じて体温が逃げるのを防いでいます。

肌の水分が蒸発するのを防いだり、外部の刺激から肌を守ったりするバリア機能も、毛穴の大切な役割の一つです。

毛穴の中にある皮脂腺から分泌された皮脂は、肌表面で汗と混ざり合って皮脂膜を作ります。天然のクリームとも呼ばれるこの皮脂膜が、肌の水分を保って乾燥を防ぎ、ホコリや紫外線、細菌などから肌を守る働きをしています。

もう一つ、毛穴にはデトックス機能があるともいわれています。体内の老廃物や体外から取り込まれた農薬や重金属などの有害物質を、汗や皮脂と一緒に排出することで、溜まった毒素を取り除いているのです。

汗をかく女性

毛穴トラブルとその原因

肌にとって大切な役割を担う毛穴ですが、その役割がうまく機能しないと様々なトラブルを招いてしまいます。

■毛穴の開き

毛穴から分泌される皮脂が過剰になると、余分な皮脂が毛穴を押し広げて、毛穴が丸く開いてしまいます。

特に気温が上昇するこれからの季節は、皮脂の分泌が活発になり、毛穴が目立ちやすくなりますが、毛穴が開く原因は、過剰な皮脂分泌だけではありません。乾燥によっても引き起こされます。乾燥により肌のハリがなくなることで毛穴の開きが目立ち、また肌の水分量が不足すると、乾燥を防ごうとしてかえってさらに皮脂分泌を活発にしてしまうことがあります。

■たるみ毛穴

たるみ毛穴は、加齢による肌のたるみが引き起こす毛穴の開きです。

年齢を重ねると肌のハリや弾力の元となるコラーゲン、エラスチンが減り、肌を土台から支える力が低下して肌がたるんでしまいます。肌がたるむと毛穴もたるみ、さらに重力によって毛穴が縦に伸びて目立つようになります。

過剰な皮脂分泌による毛穴の開きは、毛穴の形が丸型ですが、たるみ毛穴は涙型やしずく型に毛穴が変形しています。原因によって皮脂ケアなのか、エイジングケアなのか、対策も異なるので、毛穴の形で判断して適切なケアを行いましょう。

洗顔泡

毛穴トラブルの予防と対策

毛穴トラブルの予防と対策には、日々の洗顔や食生活を基本に、トラブル別のケアを行うことが大切です。

正しい洗顔を習慣づける

まずは、皮脂汚れや古い角質を取り除く正しい洗顔を習慣づけましょう。

正しい洗顔のポイントは、たっぷりの泡を肌の上で転がすようなイメージで優しく洗うこと。ゴシゴシ洗いや洗いすぎは、必要な皮脂まで落とすことで、かえって皮脂分泌を過剰にしたり、摩擦による刺激で角質肥厚を招いたりするので注意しましょう。

過剰な皮脂分泌を抑制する皮脂ケア

毛穴の開きや詰まり・黒ずみの原因となる過剰な皮脂分泌をケアするには、皮脂分泌を抑制する対策が必要です。

勇心酒造が開発した「ライスパワー®No.6」は日本で唯一、皮脂腺に直接アプローチして過剰な皮脂分泌を抑制する医薬部外品の有効成分です。

この「ライスパワーNo.6」配合の「ライース® クリアセラムNo.6」は、やさしく塗るだけの美容液なので、過度な摩擦や洗浄などのダメージを与えず、肌にやさしい根本皮脂ケアができます。朝晩のスキンケアに加え、様々なトラブルに繋がりがちな過剰な皮脂分泌をコントロールしてください。

たるみ毛穴にはエイジングケア

たるみ毛穴対策には、しっかりエイジングケアを行う必要があります。

コラーゲンやエラスチンの生成を促進するレチノールやビタミンC誘導体などが配合された保湿性の高いローションや美容液でお手入れしましょう。肌のハリや弾力を取り戻し、たるんだ毛穴を引き締める効果が期待できます。

また、勇心酒造が開発した「ライスパワーNo.11」は、肌が本来持っている水分保持能を改善する効果をもつ、医薬部外品の有効成分として唯一の成分です。

「ライスパワーNo.11」が配合された化粧品でお手入れすれば、肌表面の角質層を潤すとともに、角質層のさらに奥にある基底層に働きかけ、肌自らが良質な保湿成分セラミドを作り出す力を引き出します。内側からしっかりと水分を蓄えられる肌を育てるので、毛穴の目立たない、ふっくらとハリや潤いに満ちた肌に導いてくれます。

表情筋を鍛えて肌のたるみを防ぐ

たるみ毛穴対策には、スキンケアに加えて表情筋のトレーニングを取り入れてみましょう。

口角を上げて思い切り笑顔を作る、大きく口を開いて「あ・い・う・え・お」と発音する、目を大きく見開いて、ゆっくりと眼球を左右・上下に動かすなど、表情筋を意識して動かすトレーニングで肌のたるみを防ぎ、たるみ毛穴を目立たなくしていきましょう。

食生活を見直す

揚げ物など脂っこい食事が多すぎると皮脂の分泌量が増え、毛穴詰まりの原因となります。また糖分の取り過ぎは、コラーゲンやエラスチンなどのタンパク質に糖分が結びつく糖化の原因になり、肌のたるみにつながるので注意しましょう。

たるみ毛穴の改善に効果的なのは、コラーゲンの生成をサポートする動物性タンパク質(豚肉や鶏肉)や緑黄色野菜(ニンジンやカボチャ、ホウレン草など)です。また、皮脂分泌を抑えるビタミンB2は、レバー、納豆、バナナ、牛乳などに多く含まれています。賢く献立に取り入れながら、バランスの良い食事を心がけましょう。

美しい肌

目立つ毛穴トラブルは、そのままにしておくとさらなるトラブルを招いて、ますます目立つようになります。早めのケアで美しくクリアな肌を取り戻しましょう。

  • LINEで送る