紫外線ダメージ!老化の原因は「光老化」 

  • LINEで送る

みなさんは「光老化」について、どれくらい知っていますか?「聞いたことはあるけど、詳しくは知らない」という方も案外多いのではないでしょうか。

しかし、肌の老化現象の8割は光老化によるものと言われ、さらに皮膚がんなどの病気とも関係しています。そのため光老化について理解を深め、しっかり対策することがとても重要です。

そこで今回は、そもそも光老化とは何なのか、発症のメカニズムや予防・ケア方法などについて学んでいきましょう。

肌悩みの女性

光老化とは?

年齢を重ねるにつれ気になり始めるシミ、しわ、たるみ。「年だから仕方ない」と思いがちですが、こうした肌の老化は、加齢だけが原因ではありません。もっと大きな原因があります。それが「光老化」です。

光老化とは、紫外線をはじめとする太陽光線を長年浴び続けることで引き起こされる肌の老化現象です。シミ、しわ、たるみなどが現れ、さらには皮膚がんを発症することもあります。

加齢による老化と光老化の違い

加齢による老化と光老化では、肌の状態に違いがあります。

加齢による老化は、皮膚が薄くなり、色も薄くなります。一方、光老化は紫外線に対する防御反応から皮膚は厚くゴワゴワになり、色も濃くなる特徴があります。それがシミや深いしわとなって現れます。

また、紫外線によって真皮層がひどいダメージを受けると、肌のハリや弾力を保つエラスチンが破壊されてお団子状態になり、しわやたるみを引き起こしてしまいます。

光老化の症状は、紫外線を浴びた時間と強さに比例します。紫外線を浴びた量が多いほどシミ、しわ、たるみが早く、強く現れるので、とにかく紫外線から肌を守り、ダメージを蓄積させないことが大切です。また、紫外線によるダメージの蓄積は乳幼児からすでに始まっているので、子どものころからの紫外線対策も必要です。

太陽

なぜ紫外線でがんができるの?

光老化は皮膚がんの発生にも関わっています。

紫外線を大量に浴びると、肌細胞の遺伝子DNAが傷つきます。本来肌細胞にはそれを修復する機能がありますが、長年にわたり紫外線を浴び続けると回復できず、傷ついた状態で細胞分裂を繰り返すことになります。すると間違った遺伝子情報が伝達され、突然変異を起こし、皮膚がんを発症してしまうのです。

皮膚がんの約80%が顔を中心に日光露出部に起こると言われています。紫外線に対して無防備でいると危険な病気につながることがあるので、十分に注意しましょう。

サングラス

光老化を防ぐには

光老化対策の基本は、紫外線から肌を守ることです。

■紫外線の強い時間帯を避ける

太陽との距離が近くなる10時~14時の時間帯は、1日の中で最も紫外線が強くなります。1日の紫外線の半分以上がこの時間帯に降り注ぐと言われているので、この時間帯の外出は控えましょう。

■日陰を利用する

外出時には、なるべく日陰を利用して行動しましょう。しかし、紫外線は、空気中や地面などで反射して届くものもあり、上下、前後、左右いろいろな方向から射しています。日陰だからと油断は禁物です。帽子や日焼け止めなどを併用して紫外線をカットしましょう。

■日傘、帽子で紫外線をカット

日差しの強い日は、日傘や帽子でしっかり紫外線対策を。ツバの広い帽子やUVカット加工されている日傘を選べば、より効果的です。

■衣類で覆う

強い紫外線が降り注ぐ日には、なるべく肌の露出を抑える衣類を身に着けましょう。

長袖や襟付きなど体を覆う部分が多い衣類なら、首や腕、肩を紫外線から守ってくれます。アームカバーや手袋、ストールなども効果的です。また、最近は紫外線カット機能があり、肌触りがよく涼しげな羽織ものなども出回っているので、上手に利用しましょう。

■サングラスをかける

目から入る紫外線も肌に影響を与えると言われています。UVカット機能を持ったメガネやサングラスを正しく着用すれば、90%以上の紫外線を防いでくれます。

■日焼け止めを上手に使う

紫外線は、季節や天候に関係なく1年中降り注いでいます。日焼け止めの使用は、年中継続して行うようにしましょう。

日焼け止めの防止効果を示すSPFは数値が大きいほど、PAは+の数が多いほど効果は高くなりますが、数値の高い日焼け止めは肌に負担をかけてしまう場合があり、日常的に使っていると肌トラブルを起こしてしまうことがあります。

短時間の買い物や散歩、洗濯物を干す程度ならSPF10、PA+でも紫外線を防ぐことができます。レジャーなどで長時間野外にいる場合や真夏の海など日差しの強い場所であれば、SPF50+/PA++++の日焼け止めで対応を。日焼け止めは、いつ、どんな環境で、何をする時なのかによって使い分けることをおすすめします。

日焼け止めは適量を守り、塗り残しのないように正しく使うことも大切です。使用量が少ないと日焼け止めの効果を十分に発揮することができません。また、夏は汗などで落ちやすいので、少々面倒でも2~3時間おきに重ね塗りすることを心がけましょう。

日焼け止めを塗る女性

光老化は、加齢による老化と違い、原因である紫外線をカットすれば予防することができます。紫外線によるダメージを蓄積して数年後のトラブルにつなげないために、しっかり紫外線対策を行い、いつまでも若々しい肌を保ちましょう。

  • LINEで送る