肌の乾燥が気になり始めたら、しっかり保湿を!

  • LINEで送る

初秋の風景

今年の夏も暑い日が続きましたが、徐々に過ごしやすくなってきたので外出する機会が増えているという方も多いのではないでしょうか。

しかし、冬へと向かうこの時期は、肌が乾燥しやすい時期でもあります。

顔は身体に比べて皮膚が薄く、しかも常に外気に触れているため、特にしっかりとケアをしてあげる必要があります。今回は秋の乾燥肌とそのケアについて考えます。

秋に肌が乾燥する原因と影響

まずは、なぜ秋になると肌が乾燥してしまうのか、そしてどんな影響があるのかを見ていきましょう。

①夏に浴びた紫外線ダメージの蓄積

一年のうちでもっとも多く紫外線が降り注ぐ夏。その夏を乗り越えた肌には紫外線のダメージが蓄積されています。紫外線を受けたことで肌のバリア機能が壊れ、水分が蒸発してしまっている状況です。

また、バリア機能が壊れていると外部からの刺激を受けやすくなります。

秋は春に次いで花粉が多く飛ぶ季節であり、肌の表面に付着したり、肌内部に侵入したりした花粉が刺激となることで、さらに乾燥をもたらすという悪循環が起こってしまうこともあります。

②大気の乾燥

秋になると徐々に気温が下がり、冬に向けて大気が乾燥し始めます。ただでさえ肌に当たる空気が乾燥しているのに、夏に比べて皮脂と汗の量が減少するため、いっそう肌は乾燥しすい状況にあります。

また、気温が下がるということは、体が冷えて血流が悪くなるということでもあり、そうすると肌細胞の動きが鈍くなって後にたるみの原因となる肌硬化が起こったり、シワが発生したりもしてしまいます。

肌の乾燥には、どんな対策をすればよい?

では、乾燥の気にならない、健やかな肌を保つためにはどうすればよいのでしょうか。一番大切なのは、バリア機能を正常な状態に戻し、肌内部の水分を逃さないようにすることです。

健康な肌

①「ライスパワー®No.11」を配合した化粧品に切り替える

肌の水分は、「セラミド」という成分によって保たれています。一度はその名前を耳にしたことがある、という方も多いのではないでしょうか。

もともと人の身体には、自らセラミドを作りだす機能が備わっているのですが、バリア機能が壊れて肌が乾燥している方は、その機能が弱まってしまっています。

そこで、セラミドの生成力を高める「ライスパワーNo.11」が配合された化粧品に切り替えて、自らセラミドを作り出す機能を回復させることが乾燥対策には有効です。

「ライスパワー」とは、国産のお米に麹菌や酵母、乳酸菌などの有用な微生物を組み合わせ、熟成・発酵させることで抽出される特別なエキス。

「ライスパワーNo.11」は、皮膚の表面にある角質層からまっ先に潤すとともに、角質層のさらに奥にある基底層にまで浸透し、肌自らが良質なセラミドを作り出す力を引き出してくれます。

ライスパワーNo.11

②ローションマスク/コインマスクで肌にたっぷりと水分を届ける

化粧水をつける際にローションマスク/コインマスクを活用すれば、そのまま塗るよりもしっかりと肌に水分を届けることができます。

マスクをする際は、肌の上において3分程度ではがすようにしましょう。長時間肌の上にマスクを置いていると、マスクが乾燥して肌の水分まで奪ってしまい、逆効果となってしまうことも。シートが乾く前にはがす、ということを徹底しましょう。

③乳液やクリームで潤いを閉じ込める

せっかくじっくりと浸透させた化粧水も、そのままにしておくと蒸発してうるおいが逃げてしまいます。肌にたっぷりと水分を届けた後は、必ず乳液やクリームなど、油分を含んだアイテムで蓋をするようにしましょう。

まずは乳液/クリームを手のひらに取り、温めてから顔に乗せます。特に乾燥が気になる部分には、重ね付けするのも有効です。そうして仕上げに手のひらでハンドプレスをすれば、しっかりと浸透させることができます。

④日焼け止めは欠かさずに!

秋になると気温が下がってくるため、ついつい紫外線対策が疎かになってしまいがち。

しかし紫外線は一年中降り注ぎ、バリア機能を壊す原因となっています。そこで、日焼け止めは、年中継続して使用するようにしましょう。

すでにダメージを受けている肌のことを考えると、日常生活程度であればSPFの値は20~30が適切です。SPF値が高すぎると、かえって肌に負担をかけてしまうので要注意です。

日焼け止めを塗る女性

いつもより少しだけ工夫したスキンケアを行うことが、乾燥肌対策への近道。しっかりと潤った肌を手に入れて、行楽の秋を楽しんでくださいね!

  • LINEで送る