なぜ肌がかゆくなるの?かゆみの原因と対策

  • LINEで送る

我慢できない辛さの一つが「かゆみ」。かゆみを感じると掻かずにはいられず、肌を傷つけてさらにかゆみが増す。そんな悪循環を引き起こしてしまうのも「かゆみ」のやっかいなところ。

「かゆみがひどくて眠れない」「掻きむしって皮膚がボロボロになった」など、深刻な悩みを抱えている方も少なくありません。

そもそもなぜ「かゆみ」が起きるのでしょうか?今回はその原因や対策について探ってみました。

かゆみのある肌

どうしてかゆくなるの?

なぜ、かゆみが起きるのか。まずはそのメカニズムについてみていきましょう。

かゆみは、かゆみを伝える知覚神経の末端が刺激を受けることで発生します。

汗、花粉、ホコリ、衣類による摩擦などの外的刺激やかゆみを引き起こす物質が知覚神経の末端部分を刺激すると、その刺激が脳に伝わり、かゆみを感じるのです。

かゆみを引き起こす物質として有名なのが「ヒスタミン」です。ヒスタミンは、植物や金属、化粧品などの接触アレルギーや青魚、エビ、カニなどの食物アレルギー、虫刺されなどの刺激によって分泌され、かゆみを引き起こします。

また、ストレスによる自律神経やホルモンバランスの乱れも、ヒスタミンを過剰に分泌させると言われています。

肌が乾燥すると、かゆみを感じやすくなる

「冬になって肌がカサつくと、かゆみが増す」という声をよく聞きますが、どうして肌が乾燥するとかゆみを感じやすくなるのでしょうか?

私たちの肌は、表皮の一番外側にある角質層のバリア機能によって、外からの刺激や異物の侵入を防ぎ、体内から水分が蒸発するのを防いでいます。

ところが肌が乾燥するとこのバリア機能が弱まります。当然、外からの刺激や異物が肌に侵入しやすくなります。

しかもかゆみを伝える知覚神経の末端は、健康な肌だと表皮と真皮の境界線にありますが、肌が乾燥してバリア機能が弱まると、肌表面の角質層近くまで伸びてきます。そのため衣類の擦れなど、ちょっとした刺激でも敏感に反応してかゆみを感じやすくなるのです。

背中に悩む女性

「掻く」ことで、かゆみの悪循環へ

やってはいけないと思いつつ、かゆみを感じるとつい掻いてしまいます。掻くとスッキリするし、強く掻くことでかゆみをごまかすこともできます。

でも、かゆいからと掻いてしまうと、肌を傷つけ、炎症を起こし、それが刺激となってさらなるかゆみを誘発。かゆみの悪循環に陥ってしまいます。

また、肌を何度も掻きむしっているとかゆみの範囲がどんどん広がり、肌のダメージも広がって炎症も悪化。かゆみも強くなります。アトピー性皮膚炎のしつこいかゆみは、このかゆみの悪循環が引き起こしていると言われています。

かゆみ対策

かゆみの悪循環を防ぎ、しつこいかゆみから肌を守るには、かゆみが起きない肌を作ることが大切です。

【かゆみを誘発するものを肌から避ける】
金属アレルギーであればアクセサリーを直接肌につけないなど、かゆみを引き起こす原因となるものが肌に触れないようにしましょう。

【肌を乾燥させない】
かゆみの大きな原因は、肌の乾燥です。乾燥しない肌を作るために、バリア機能やターンオーバーを整えて、保水力を高めるアイテムでのお手入れしましょう。

【刺激の強い食べ物やアルコールを控える】
香辛料や辛い食品などの刺激の強い食べ物やアルコールは、体が温まることでかゆみを増長させることがあります。食べすぎ、飲みすぎに注意しましょう。

【ストレスを避ける】
ストレスは、ヒスタミンの分泌を促し、かゆみを誘発します。自分なりのリラックス法を見つけてストレスをためないようにしましょう。

【部屋の湿度を保つ】
空気が乾燥すると肌も乾燥します。肌にとって理想的な湿度は、55~65%程度です。加湿器などを活用して、室内の乾燥を防ぎましょう。

【肌に優しい素材の衣類を選ぶ】
肌が乾燥している時には、衣類のわずかな擦れもかゆみにつながります。肌に直接触れる部分の素材は、ウールやナイロンなど避け、綿や絹などの肌にやさしい素材を選びましょう。

かゆみを防ぐ入浴法と注意点

「お風呂上りに肌がかゆくなる」という方も少なくありません。湯船に浸かって肌はうるおっているように感じますが、実は入浴中も入浴後も肌は乾燥しやすい状態にあります。

入浴中は、肌の天然保湿成分やセラミド、皮脂が溶け出しやすくなっています。40度以上の熱いお湯での入浴や長湯は避けましょう。

また、ナイロンタオルなどでゴシゴシ洗うと肌のバリア機能を壊し、肌の乾燥を招きます。肌をダメージから守るために、洗うときにはたっぷりの泡で優しく洗い上げてください。

一方入浴後は、温まった体の熱を放散するときに肌から水分が抜け出て、乾燥が急速に進みます。すぐにやわらかいタオルで優しく水分をふき取ってください。もちろん、ここでもゴシゴシ拭くのはNG。肌の乾燥を悪化させ、肌荒れの原因となります。

健康な肌

辛いかゆみも毎日のスキンケアや日常生活でセルフケアを心がけることで軽減できたり、防ぐことができます。ここにご紹介したことを参考に、かゆみに負けない肌作りを始めましょう。

  • LINEで送る