過剰な皮脂を抑えて、ニキビやテカリのない美肌へ

  • LINEで送る

これから夏に向け、気温の上昇とともに皮脂の分泌が盛んになります。肌のベタつき、テカリ、化粧崩れ、ニキビなどのトラブルも多くなり、高い気温や紫外線は、皮脂の酸化を早め、肌を傷める要因となります。

しかし、一方で皮脂は肌にとって大切な働きをしています。

皮脂の特性を知った上で適切なケアを行い、悩みのないすこやかな肌で夏を迎えましょう。

皮脂に悩む女性

皮脂は本来大切なもの

「皮脂」と聞くと、どうしてもベタつきやニキビなどの皮脂トラブルを連想させてしまいますが、皮脂は本来、肌にとって必要不可欠なものです。

私たちの肌の表面は、皮脂と汗などの水分が混ざりあった皮脂膜に覆われています。

この皮脂膜は、「天然のクリーム」とも呼ばれ、肌の内側から水分が蒸発するのを防ぎ、肌にうるおいとなめらかさを与えます。

また、乾燥した空気やアレルゲンなど外部の刺激から肌を守り、肌を弱酸性に保って細菌の繁殖を防ぐ働きもあります。

このように適度な皮脂は、肌の最前線でバリア機能の役割を担い、すこやかで美しい肌を保つためにとても大切なものなのです。

過剰な皮脂分泌が肌トラブルを招く

美肌に欠かせない皮脂ですが、一方で過剰に分泌されると様々な肌トラブルの原因となります。

過剰な皮脂に汗や汚れが混じると、テカリやベタつき、化粧崩れを引き起こします。

また、過剰な皮脂が毛穴を押し広げて分泌されると毛穴が開き、毛穴に溜まった皮脂が酸化すると黒ずみに。皮脂が毛穴に詰まってそこにアクネ菌が繁殖して炎症を起こすとニキビができてしまいます。

さらにインナードライも、実は「過剰な皮脂分泌」が原因の一つだと言われています。

健康な肌では、皮脂がバリア機能の一部として働いています。しかし、過剰に分泌された皮脂は、空気中の酸素や紫外線の影響で酸化皮脂になり、肌を攻撃してバリア機能を壊してしまいます。そのため肌が潤いを保てなくなり、肌の内側が乾燥してインナードライ状態になってしまうのです。

悩む女性

必要以上に皮脂を取るとトラブルを繰り返す?

過剰な皮脂分泌が引き起こす様々な肌トラブル。その症状を解消しようとして、洗浄力の強い洗顔料やあぶら取り紙などで皮脂や保湿成分を取りすぎると、肌の乾燥を招き、かえって皮脂分泌が過剰になってしまうことがあります。

それに、肌に出てきた過剰な皮脂を取り去るだけのケアでは、一時的にトラブルが治まっても、皮脂腺からは過剰な皮脂が分泌され続けるので、トラブルを繰り返す可能性があります。

皮脂トラブルを繰り返すと、ニキビ痕や毛穴の開きやたるみにつながり、将来の肌にも影響を与えてしまいます。

「過剰な皮脂を抑える」根本皮脂ケアのすすめ

皮脂トラブルを繰り返してしまうのは、過剰な皮脂が分泌され続けているから。そして、肌にいつまでも皮脂汚れが留まっているのが原因です。

まずは、根本原因である「過剰な皮脂を減らす」ケアが必要です。皮脂の量を適正にコントロールし、皮脂本来の役割が正常に働くように導いてあげましょう。

勇心酒造が開発した「ライスパワーNo.6」は日本で唯一、「皮脂分泌の抑制」効果を持つ医薬部外品の有効成分です。

これまでの皮脂ケアでは、すでに出てしまった皮脂を洗顔やふき取りで除くことしかできませんでした。

しかし、ライスパワーNo.6の働きにより、皮脂が生み出される皮脂腺に直接アプローチして過剰な皮脂分泌を抑制する、根本的皮脂ケアが可能になったのです。

しかも抑制するのは過剰な皮脂だけなので、うるおいを保ったままでケアでき、乾燥を招くこともありません。

また、ライスパワーNo.6配合の「ライース クリアセラムNo.6」は、やさしく塗るだけの美容液なので、過度な摩擦や洗浄などのダメージを与えず、肌にやさしい根本皮脂ケアができます。

肌に優しい洗顔やバランスのとれた食生活も大切

皮脂ケアでは、肌に残る汚れをきちんと落とすことも大切です。

ただし、1日何度も洗顔する、洗浄力の強い洗顔料を使う、ゴシゴシ洗いなどは、先にもご紹介したように、肌を傷つけ、乾燥を招き、かえって過剰な皮脂分泌を促してしまいます。

クレンジング剤は、摩擦を防ぐために少し多めに取り、こすらず丁寧にオフして肌への負担を軽減しましょう。

洗顔も皮脂を取り過ぎないマイルドな洗顔料を使い、たっぷりの泡で肌に負担をかけないようにやさしく丁寧に洗いましょう。

洗顔

皮脂トラブルを防いで美肌を保つには、規則正しい生活を心がけて、十分な睡眠やストレス解消、バランスの取れた食生活も大切です。

睡眠は、成長ホルモンを分泌させ、肌のターンオーバーを促す働きがあります。また、肌や体の調子が整ってリラックスすることでストレスも解消されます。

食生活では、皮脂分泌を抑制するビタミンC(緑黄色野菜や果物など)や、皮膚の炎症予防やホルモンバランスを整える効果があるビタミンB6(大豆、青魚、卵など)を積極的に取り入れながら、バランスの良い食事を心がけましょう。

  • LINEで送る