エビとズッキーニのにんにく炒め

  • LINEで送る

簡単・時短で手軽なのに、とびきりごはんがおいしくなるレシピ。

もちろん、体と肌が美しくなる旬食材の栄養もたっぷりです。にんにくは、活性酸素を除去して美肌作りをサポート。他にも冷え改善、整腸作用など、美容と健康に多くの効能が期待される食材です。

エビとズッキーニのにんにく炒め

材料(2人分)

● エビ(殻付き) : 10尾~12尾(200g)
● ズッキーニ:1/2本
● レモン:1/4個
●パセリのみじん切り:適量
●片栗粉 : 適量
●塩:適量
●水:適量
●こしょう:適量
●オリーブオイル:適量

★にんにくのみじん切り:1片分
★オリーブオイル:大さじ2
★酒:小さじ1
★塩、こしょう:適量

作り方

【1】エビは背中側にキッチンバサミを入れて尻尾の付け根まで切る。尻尾の尖った部分を切り取り、竹串などで背わたを取り除く。
ボウルに片栗粉、塩、水を適量入れて混ぜ合わせ、エビを加えて手で揉み込んだら、流水できれいに洗い、キッチンペーパーで水気を拭き取る。ポリ袋に★を入れてエビをつけ込み、冷蔵庫で30分程置く。

【2】ズッキーニは5mm程の輪切りにする。ボウルに片栗粉と塩、コショウを適量入れて混ぜ合わせ、ズッキーニにまぶす。

【3】フライパンにオリーブオイルを熱し、ズッキーニを入れて中火で焼き色をつけたら、取り出す。

【4】【3】のフライパンに、【1】のエビを、にんにく、オリーブオイルごと入れて、中火で焼き色がつくまで焼き、ズッキーニを加えて混ぜ合わせる。

【5】器にご飯と一緒に盛り、パセリのみじん切りを散らしてレモンを添える。

食べて、知って暮らしにお米を

稲畑

なぜ、雷のことを「稲妻」と言うのでしょうか? 春に植えた米が穂をつけ始める夏に雷が落ちる事が多いため、昔の日本人は、「雷神が米に実をつけている」と信じており、そのために「稲妻」と呼ばれるようになったと言われます。同じ理由で、「雷の多い年は豊作になる」とも言われてきました。稲作と共に発展してきた日本には、お米にまつわる言葉やことわざがたくさんありますね。

  • LINEで送る