鮭とズッキーニの炊き込みごはん

  • LINEで送る

簡単・時短で手軽なのに、とびきりごはんがおいしくなるレシピ。

もちろん、体と肌が美しくなる旬食材の栄養もたっぷりです。

今回はビタミンC、B群、K、カリウムを含み、シワやシミの改善、美肌効果が期待できるズッキーニを炊き込みごはんでいただきます。

鮭とズッキーニの炊き込みごはん

材料(3~4人分)

● 米: 2合 
● 生鮭:1切れ
● 塩、酒:適量
● ズッキーニ:1本
● しょうが:1片
● ごま油:適量

〈A〉
● 酒:大さじ2
● 塩:小さじ1

作り方

【1】下準備を行う。お米は洗ってザルに上げ水気を切る。生鮭の皮を除き、塩と酒をふって5分くらい置く。ズッキーニは5mmくらいの厚さの輪切りにする。しょうがは千切りに。

【2】炊飯器にお米と〈A〉の酒、塩を入れ、炊飯器の2合の目盛りまで水を加えたら軽く混ぜる。水気を拭き取った生鮭とズッキーニをお米の上にのせて炊く(白米炊飯モードで)。

【3】炊き上がったら鮭をほぐしながら骨を取り、しょうがとごま油を加え軽く混ぜる。器に盛り、お好みでゆで卵と大葉を添える。

食べて、知って、暮らしにお米を

パエリア

日本では、ふっくらもっちりが好まれるごはんですが、アジア諸国では、インディカ米を茹でた粘りの少ないパラパラの食感が主流。中国では煮込んでおかゆにもします。イタリアではパスタ同様アルデンテに仕上げるリゾット、スペインのパエリアなど、炒める料理が人気です。お米の「おいしさ」は多彩。地域の風土と歴史が詰まっています。

  • LINEで送る