医薬部外品って化粧品と何が違うの?

  • LINEで送る

化粧品のパッケージやボトルにある「医薬部外品」や「薬用」の表示を見て、「化粧品」と何が違うか疑問に思ったことはありませんか?どちらを選べばいいのか迷ったことはありませんか?
そこで今回は、それぞれがどんな役割を持っていていて、どう違うのかを学んでみましょう。

化粧品ボトル

法律で分類され、定義づけされています

薬や化粧品は、医薬品医療機器等法(薬機法)という法律で、「医薬品」「医薬部外品」「化粧品」の3つに分類され、定義づけされています。

医薬品医療機器等法(薬機法)は、正式には「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律」と言い、原料や製造方法、容器や使用説明書に表記しなければならない内容や広告の表現まで規制している法律です。

では、「医薬品」「医薬部外品」「化粧品」のそれぞれの目的や違いについて見ていきましょう。

■「医薬品」とは

「医薬品」とは、病気の治療を目的とした薬のことで、厚生労働省が効果・効能を認めた有効成分が配合されています。

医薬品には、医師の判断で使用する「医療用医薬品」と薬局などで市販される「一般用医薬品」があります。スキンケアで用いられる医薬品としては、ワセリンや保湿外用剤などがあります。

■「医薬部外品」とは

「医薬部外品」は、医薬品とは違い、治療ではなく予防や皮膚などを清潔に保つことを目的に作られたものです。

厚生労働省が認めた有効成分が一定の濃度で配合されていて、医薬品よりも体に対する作用は穏やかです。法律上は、医薬品と化粧品の中間ぐらいの立ち位置にあります。

■「化粧品」とは

「化粧品」とは、清潔にする、美しく見せる、魅力を増す、皮膚や毛髪を健やかに保つなどを目的とした美容商品で、体に対する作用が穏やかなものをいいます。

化粧する女性

「医薬部外品」と「薬用化粧品」は同じ

法律上の3分類にはありませんが、パッケージやボトルの表示でよく見る「薬用化粧品」。「薬用」とあるから医薬品?それとも化粧品?と疑問に思いますが、実は「薬用化粧品」は「医薬部外品」に位置づけされます。

「医薬部外品」には、化粧品的なものをはじめ、染毛剤、パーマネント・ウェーブ剤、浴用剤、口中清涼剤やえき臭防止剤、あせもなどを防ぐてんか粉、育毛剤、除毛剤などがあります。このうち化粧品的なものを「薬用化粧品」と表示することが多いようです。有効成分が配合された石けんを、「薬用石けん」と表示している場合もあります。こちらも医薬部外品に含まれます。

スキンケア

「医薬部外品」と「化粧品」の違いは?

「医薬部外品」と「化粧品」の大きな違いは、有効成分が配合されているかどうかです。

「医薬部外品(薬用化粧品)」は、肌あれ・ニキビを防ぐ、美白、デオドラントなどの効果を持つ有効成分が配合され、有効性と安全性を確認したことを厚生労働省に承認されています。そのためパッケージなどに有効成分名を表示でき、その効果効能を謳うことができます。

ただし、効果効能はあくまでも予防の範囲で、「〇〇が治る」、「〇〇が消える」などの表示は、医薬品医療機器等法違反になります。

では、有効成分を含んでいるから「化粧品」よりも「医薬部外品(薬用化粧品)」の方が効果があるのでしょうか?

確かに美白などのある種の効果をもつものは有効成分を含む「医薬部外品(薬用化粧品)」だけですが、必ずしも医薬部外品であれば「化粧品」よりも優れた効果があるというわけではありません。

一番重要なのは、自分の肌に合うかどうかです。今の肌の状態や目的にあった商品選びをすることです。また、使用感や好みの香りかどうかも商品選びのポイントになります。

有効成分や全成分表示をしっかりチェックした上で総合的に判断して、自分の肌を基準に選ぶことが大切です。

  • LINEで送る