肌にもダメージ?毎日浴びるブルーライト

  • LINEで送る

毎日頻繁に覗き込むスマートフォンやパソコンの画面から発せられるブルーライト。目に影響を与えることはよく知られていますが、実はブルーライトは「第三の紫外線」とも呼ばれ、肌にもダメージを与えていることをご存知でしょうか?

紫外線と言えば、お肌の大敵。毎日長時間ブルーライトを浴び続ければどういうことになるか・・・。ブルーライトについてしっかり理解して、大切な肌を守りましょう。

スマホ&PC

ブルーライトとは?

そもそもブルーライトとは、どんなものなのでしょうか?

ブルーライトとは、その名の通り青色の光で、人の目で見ることのできる光=可視光線の中で、一番波長が短い光です。

可視光線の波長は、約400~800nm(ナノメートル)で、ブルーライトの波長は、約380~500nm。400nmより波長が短くなると紫外線、780~1,000nmは一般的に赤外線と呼ばれます。

このようにブルーライトは、紫外線に最も近い波長の光で、強いエネルギーを持っています。その強い光は、目の角膜や水晶体を通過して網膜まで達します。

目の疲れ

ブルーライトが与える影響

ブルーライトは、太陽光にも含まれますが、パソコンやスマートフォンなどのLEDディスプレイやLED照明に多く含まれています。いずれも今の時代には欠かせない必須アイテムだけに、浴びる量も時間も増えていることから体への影響が心配されています。

■目への影響

ブルーライトの強い光は、ストレートに網膜まで達するため、長時間見続けると網膜や網膜の黄斑部にダメージを与えます。そのため網膜の病気になったり、加齢とともに増える眼病・加齢黄斑変性症を引き起こす可能性もあると言われています。

また、ブルーライトは、散乱しやすい性質があります。そのため眩しさやチラツキが起きやすく、ピント合わせのために目の筋肉も酷使されます。これにより目の疲れや痛みだけでなく、頭痛や肩こり、イライラなど体全体に症状の出る眼精疲労を引き起こすことがあります。

■体への影響

ブルーライトの刺激が体内時計のリズムを乱し、睡眠障害、肥満や生活習慣病などのリスクを高めるという報告もあります。

私たちの体は、夜暗くなると睡眠をつかさどるホルモン・メラトニンの分泌が増えて眠くなり、朝明るくなるとメラトニンの分泌が減って目覚める仕組みになっています。

しかし、夜なのにブルーライトの強い光を浴びると、脳は朝の明るさと錯覚してメラトニンの分泌を抑えてしまうので、寝付きが悪くなり、眠りが浅くなったり、目が覚めたりします。ブルーライトが体内時計を狂わせて、睡眠の質を悪くしてしまうのです。

また、体内時計が乱れると、ホルモン分泌、血圧や体温調整などにも乱れが生じ、肥満や糖尿病、高血圧、心筋梗塞などの発症に影響すると言われています。

■肌への影響

ブルーライトが「第三の紫外線」と呼ばれているのは、紫外線のUV-A波に近い性質を持っていたり、色素沈着を起こしたりするからです。

ブルーライトは、紫外線のUV-A波と同じように肌奥の真皮層まで届き、肌の弾力やハリを保つコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸を生み出す線維芽細胞にダメージを与えます。そのためブルーライトを浴び続けると、しわやたるみ、シミやくすみが発生しやすくなります。

また、ブルーライトはメラニン色素を発生させて色素沈着を引き起こします。しかもブルーライトでできたシミは、紫外線で作られたシミよりも肌に残りやすいと言われています。

さらに、ブルーライトによって体内時計が狂って睡眠の質が低下するとターンオーバーが乱れます。ターンオーバーの乱れは、肌荒れ、ニキビ、くすみ、肌老化などさまざまな肌トラブルにつながります。

このようにブルーライトは、紫外線に負けないくらい肌への影響が強い上、紫外線と違って昼夜問わず、24時間日常生活の中に存在しています。ブルーライトから肌を守るには、まずはブルーライトの存在を意識して、とにかく浴びないように気をつけることが大切です。

PC画面を見つめる女性

ブルーライトから肌を守るには

スマホやパソコンの長時間および夜間の使用を控える

スマートフォンやパソコンの画面を長時間見続けないこと。ながらスマホや暇つぶしのダラダラ使いなどは控えて、画面を見ない時間を意識的に作ってみましょう。

また、寝る直前までスマートフォンやパソコンの画面を見ていると、ブルーライトの刺激により、寝つきの悪さや寝不足などを招き、睡眠の質の低下に大きく影響します。

質の良い睡眠は美肌づくりに欠かせません。寝る1~2時間前にはスマートフォンの使用を控えましょう。また、室内の照明を徐々に暗くしていくと眠りに入りやすくなります。

ディスプレイの輝度、コントラスト設定を調節する

ディスプレイの輝度やコントラストを調節することでブルーライトを抑えることができます。明るすぎる画面やコントラストがはっきりしすぎているのなら設定を下げて、目が疲れない画面に調整してみましょう。

ブルーライトをカットするアプリやグッズを活用する

ブルーライトをカットするアプリやソフトを活用してみましょう。スマートフォンの機種によっては機能が搭載されているものもあるのでチェックしてみてください。

手軽なのは、ブルーライトをカットする液晶保護フィルムを貼ること。ディスプレイの傷つきも防いでくれます。

またブルーライトは、スマートフォンやパソコンだけでなく、携帯ゲーム機や液晶テレビからも出ています。いろんなブルーライト対策に使うならブルーライトカットのPCメガネもおすすめです。メガネなら必要な時に必要な場所で使えて便利です。

ブルーライトカット効果のある化粧品を使用する

紫外線対策には日焼け止め化粧品があるように、ブルーライトカット効果のある化粧品もあり、専用の化粧品を使えば、より効果が期待できます。また、紫外線もブルーライトもカットできる化粧品も登場しています。いろいろチェックして自分の肌や用途に合った化粧品を選んでください。

笑顔でスマホ

紫外線はしっかりケアしてるけど、ブルーライトには無防備という方。このままブルーライトを浴び続けていると、知らず知らずのうちにダメージをため込み、肌トラブルを起こしてしまうかもしれません。美肌のためには紫外線対策もブルーライト対策も必要です。ブルーライトもしっかりケアしていつまでも美しい肌をキープしましょう。

  • LINEで送る