湿気だけじゃない!?うねる髪の原因

  • LINEで送る

梅雨になると髪が上手くまとまらない、朝しっかりセットしても雨が降るとすぐに髪がうねったり広がったりしてしまう。そんな悩みをもっている方も多いのではないでしょうか。

しかし、髪がうねるのは湿気ばかりが原因ではないようです。

そこで今回は、髪の毛がうねる原因と対策法について調べてみました。

日傘と女性

髪がうねる原因とは?

髪の毛がうねる大きな原因には、「髪のダメージ」と「頭皮の毛穴のゆがみ」の2つがあります。

髪の毛のダメージによるうねり

髪がうねってしまうのは、髪の毛を構成しているキューティクルとコルテックスがダメージを受けることで引き起こされます。

1本の髪の毛は、大きく分けると3つの組織で構成されています。中央に髪の芯となる「メデュラ」があり、その周りを「コルテックス」が取り囲み、一番外側で髪の表面を覆っているのが「キューティクル」です。ちょうど巻き寿司と同じような構造です。

キューティクルは、髪の内部の水分やタンパク質が失われるのを防いだり、外部の刺激から髪を守るバリア機能の役割を担っています。

コルテックスは、髪の約9割を占め、髪質を決める重要な部分です。主に繊維状のタンパク質からできていて、髪の強さやしなやかさを生み出す働きをしています。

巻き寿司

そこで本題の髪のうねりについてですが、紫外線や乾燥、カラーリングなどのダメージで髪が傷むとキューティクルが剥がれやすくなります。

キューティクルが剥がれてしまうと、コルテックスがむき出しの状態になり、水分やタンパク質が流れ出てしまいます。コルテックスが減って隙間ができると真っ直ぐな髪の毛を保つことができなくなり、うねりが出やすくなります。

また、キューティクルが剥がれた隙間から水分が入り込むと、部分的に水分量の増えたところの髪が膨張し、うねりを起こしてしまうのです。

まとまらない髪

コルテックスには、構造や組成の異なるの2種類が存在しており、その配列の違いでうねりを引き起こすことがあります。

2種類のコルテックスが均一に並んでいると直毛になりますが、配列に偏りがあると、一方は水を含んで膨張し、一方は膨張しにくいためにねじれが生まれ、うねりや広がりといったくせを作り出してしまいます。

こうしたくせ毛は、雨や湿気の多い日はもちろん、キューティクルが剥がれていたり、コルテックスにダメージが残っていたりすると、より強くくせが出てしまうと言われています。梅雨時だけでなく日ごろからしっかりケアすることが大切です。

頭皮の毛穴のゆがみによるうねり

髪のうねりを生む、もう一つの大きな原因として「頭皮の毛穴のゆがみ」があります。

髪の毛は、頭皮の毛穴がキレイな円形だと、基本的に真っ直ぐな髪の毛が生えてきます。しかし、ゆがんだ毛穴からは、うねりのある髪が生えてきてしまいます。

毛穴がゆがむ原因として考えられるのは、まず、加齢による影響です。加齢によって頭皮がたるむと毛穴もゆがんでしまいます。

また、シャンプーの洗い残しやヘアケア剤、余分な皮脂汚れなどが毛穴に詰まってしまうことで毛穴のゆがみを起こしてしまう場合もあります。

うねる髪の予防&対策法

では、髪のうねりを防ぎ、すでにうねりが出てしまった髪をケアするにはどうしたらよいでしょうか。ここからは具体的なケアについてご紹介します。

正しいシャンプー&ドライヤー

髪の毛と頭皮をすこやかな状態に保つには、日々の正しいケアの積み重ねが大切です。

ヘアケアの基本となるのは、毎日のシャンプーを正しく行うことです。

髪を洗うときは、「シャンプー前のブラッシングと予洗いを忘れないこと」、「ぬるま湯を使う」、「ゴシゴシ洗わない」、「すすぎ残しのないようにしっかり洗い流す」に注意して、毛穴の皮脂や汚れをきちんと落としましょう。

また、髪は濡れるとキューティクルが開き、濡れたままでいるとダメージを受けやすくなります。シャンプー後は、自然乾燥ではなく、ドライヤーを使って頭皮までしっかり乾かしましょう。頭皮が湿ったままだと雑菌が繁殖しやすくなり、頭皮トラブルの原因にもなります。

頭皮マッサージ

頭皮のたるみを防ぐために、頭皮マッサージを取り入れてみましょう。

シャンプー時やお風呂上がりの清潔な頭皮を、指の腹を使ってやさしくもみほぐすようにマッサージして、血行を促してあげましょう。血液の流れに乗って頭皮の細胞に栄養素が行きわたるようになり、健康な髪が生まれる環境づくりができます。

また、新陳代謝が高まり、毛穴に詰まった皮脂などの老廃物もスムーズに排出されるようになり、毛穴ゆがみの防止につながります。

髪の毛をコーティング&補修(インバス・アウトバストリートメント)

髪のうねりは、紫外線や乾燥などのダメージでキューティクルが剥がれると起きるので、トリートメントやオイルでのケアも必要です。

髪の表面をコーティングしてキューティクルを保護して整えると、外部から髪の毛に水分が入ってくるのを防いで髪のうねりを予防することができます。

また、トリートメントは髪の内部に栄養を届けてダメージを補修する働きもあるので、すでにうねりの出た髪のケアにも効果的です。

トリートメントで注意したいのは、頭皮につけないこと。油分の多いトリートメントが頭皮についてしまうと、余分な油分によって毛穴がふさがれ、雑菌の繁殖や炎症の原因になる場合があります。適量や使用方法を守り、正しくケアしましょう。

帽子の親子

紫外線対策

髪の毛や頭皮にダメージを与える大きな原因が紫外線です。特にこれから夏に向けて紫外線も強さを増します。

外出するときは、つばの広い帽子や日傘で紫外線をカットして、髪に紫外線が当たらないようにしましょう。また、UVカット効果のあるヘアケア商品も上手に活用して、帽子や日傘と併用すれば、紫外線をカットする効果がより高まります。

バランスの取れた生活習慣

髪を生み出す毛母細胞に栄養を届け、ゆがみのないしなやかな髪を作るには、十分な睡眠、適度な運動、ストレス解消など、心身の健康とバランスのとれた生活習慣を心がけましょう。

食事では、髪の元となるタンパク質、ビタミン、ミネラルなどの栄養素を積極的にとりましょう。特に亜鉛や鉄などのミネラルは、髪の成長を促し、健康に保つ働きがあります。髪の不調が気になるときは、ミネラルを多く含む豚レバー、牛肉、卵、納豆などを使った食事を意識してみましょう。

  • LINEで送る