夏のヘアケア!紫外線や汗対策

  • LINEで送る

ジリジリと太陽が照りつける夏。紫外線対策は万全ですか?肌だけでなく、髪や頭皮もケアしていますか?

髪や頭皮の紫外線対策は、肌に比べると疎かになりがちですが、太陽に近い分、より強く紫外線の影響を受けています。無防備でいると紫外線のダメージが秋に表面化。傷んだ髪で秋を過ごすことになりかねません。しっかりケアしていつでも健康で美しい髪をキープしましょう。

夏

紫外線や汗が髪や頭皮に与える影響

紫外線や汗は髪や頭皮にどんなダメージを与えているのでしょうか?

キューティクルが傷つき、パサパサに

髪の毛は、髪の表面を覆うウロコ状のキューティクルによって守られています。

キューティクルが髪の内部の水分やタンパク質が失われるのを防ぎ、外部からの刺激を守るバリア機能の役目をしてくれているのです。

しかし、強い紫外線はこのキューティクルを傷つけ、剥がれやすくしてしまいます。すると、剥がれた隙間から水分やタンパク質が流れ出て、髪は潤いやしなやかさを失い、ゴワゴワ、パサパサ状態に。ツヤもなくなり、枝毛や切れ毛も起こりやすくなります。最終的には薄毛になってしまう可能性もあります。

メラニンを分解して髪を赤色化

強い紫外線を浴び続けると、だんだんと髪の色が赤茶けた色になることはありませんか?これは紫外線が髪の内部のメラニン色素を分解してしまったために起きる現象です。

髪の色は、メラニンの種類や量で決まります。日本人の場合は、黒~褐色の色素(ユーメラニン)が多く、このメラニンが多いほど髪は黒くなります。

そのため紫外線によってメラニン色素が分解されると髪の色は赤茶色に退色してしまうのです。

頭皮のダメージ

紫外線は頭皮にもダメージを与えます。実に顔の3倍も日焼けする可能性があるとも言われています。

頭皮は、髪の毛をつくる土壌となる大切な部分。その頭皮がダメージを受けると髪の成長やヘアサイクルも影響を受け、抜け毛薄毛、白髪など髪の老化現象も起こりやすくなります。

汗や皮脂汚れが、フケ、臭い、毛穴の炎症を招く

気温の上昇とともに汗や皮脂の分泌が盛んになると、皮脂トラブルも発生しやすくなります。

まず、汗や皮脂が増えることで頭皮に雑菌が繁殖しやすくなります。するとターンオーバーが乱れ、古い角質が塊となって剥がれ落ちるようになります。これがフケの正体です。

また、汗を餌にした雑菌の繁殖は臭いにもつながります。汗と皮脂が混ざり合って酸化することでも嫌な臭いを発生させます。

さらに、汗や皮脂が頭皮の毛穴に詰まって炎症を起こすと、かゆみやニキビを招き、抜け毛の原因にもなります。

しかし、汗や皮脂が気になるからと頻繁にシャンプーしたり、洗浄力の強いシャンプーを使ったりするのは逆効果。必要以上に皮脂を取りすぎると、かえって皮脂分泌を過剰にしてしまいます。

汗が気になる

紫外線対策とヘアケア

では、髪や頭皮のトラブルを防ぐには、どのようにケアしていけばよいのでしょうか。具体的に見ていきましょう。

紫外線の強い時間の外出は避ける

まずは最大の原因である紫外線を浴びない行動をとりましょう。

1日のうちで紫外線が最も強いのは、午前10時~午後2時ごろなので、この時間の外出は避けること。曇りの日でも1日の紫外線の約60%が降り注ぐと言われているので、油断は禁物です。

外出時には、日傘や帽子でしっかり紫外線を防ぎましょう。ツバの広い帽子やUVカット加工されている日傘を選べば、より効果的です。

さらにUVスプレーや洗い流さないトリートメントでのヘアケアを併用すれば、紫外線をカットする効果がより高まります。

山のキャンプや海水浴には要注意

山のキャンプや海水浴など、これから夏に向けて楽しいレジャーが目白押しです。しかし、山の上は空気が薄く、より強い紫外線が届きます。砂浜も紫外線を強く反射します。遊びに夢中になって紫外線対策を怠らないように注意しましょう。

海水浴やプールでの紫外線対策

海水やプールに含まれる塩分や塩素が髪に残ると、浸透圧の関係で髪内部の水分を奪い、乾燥させてしまいます。さらにそのまま紫外線を浴びてしまうと、髪はより大きなダメージを受けることになります。

海水浴やプールに出かける前には、事前にUVカット効果のあるヘアケア剤や洗い流さないトリートメントなどで髪の表面をコーティングしておきましょう。また、水を通さないキャップを着用するなど、なるべく髪を濡らさないように心がけましょう。

上がった後は、シャワーで塩分や塩素をしっかり洗い流し、出来るだけ早くシャンプーやリンス・コンディショナーでケアを。

濡れっぱなしは、髪にとって最悪の状態です。髪は濡れるとキューティクルが開いてしまい、そのままでいるとダメージを受けやすくなります。濡れたままで過ごさずに、しっかりケアして素早く乾かすことが大切です。

頭皮ケア

汗や皮脂汚れで頭皮環境が悪くなる夏は、丁寧にシャンプーすることが重要です。当然ゴシゴシ洗いはNG。指の腹を使ってマッサージするように洗いましょう。

頭皮をマッサージすると血行が促進され、頭皮の細胞に必要な栄養素が行きわたるようになります。また、新陳代謝が高まり、毛穴に詰まった皮脂などの老廃物もスムーズに排出されるようになります。

頭皮が日焼けしてしまったら、育毛剤でケアするのもおすすめです。

綺麗な髪

夏のダメージを秋に持ち越さないように、毎日のヘアケアを丁寧に行い、しなやかで美しい髪を保ちましょう。

  • LINEで送る