春に起こりやすいヘアトラブル

  • LINEで送る

紫外線が急に強くなる春は、肌だけではなく髪にとってもトラブルが多い季節。知らず知らずのうちにダメージを溜め込み、取り返しのつかない状態まで荒れてしまうこともあります。

日差しに輝く美しい髪を保つために、春のヘアケアについて考えてみましょう。

ヘアトラブルの原因

春のヘアトラブルの大きな原因には「紫外線」と「気温上昇による頭皮トラブル」の2つがあります。

紫外線ダメージ

まず、冬から春にかけて強くなる紫外線。「紫外線は夏」と考えている方も多くいらっしゃいますが、春は夏と同じくらいの紫外線が降り注いでいます。

紫外線ダメージ

頭を守る髪は紫外線のダメージを直接浴びてしまうので、「キューティクルが壊れ、乾燥しやすくなる」「色素や光沢が減少する」といったトラブルが起きやすく、気が付かないうちに傷んでしまいます。

「まだまだ大丈夫」とは思わずに、今からしっかり紫外線対策をすることが大切です。

気温の上昇による頭皮トラブル

次に、暖かくなることによって起こる「毛穴の詰まり」や「かゆみ」。

気温が高くなると汗腺や皮脂腺の働きが活発になるため、皮脂や汗が毛穴に詰まりやすくなります。さらに、風の強くなる春は「ほこり」や「花粉」が髪に付着しやすいため、余計に毛穴が詰まりやすい状況にあります。

強くなる春の風

毛穴に皮脂や汚れが詰まると、「髪のべたつき」「頭皮のにおい」を発生させる原因になってしまいます。

また、気温の上昇で血行が良くなると、頭皮が「かゆく」なります。かゆいだけなら問題ないですが、掻きむしることで頭皮を傷つけてしまうことがあります。傷ついた頭皮はさらに痒みを発生させ、大きなトラブルを引き起こすことも。

しっかり頭皮をケアして「毛穴の詰まり」や「かゆみ」が発生しないようにする必要があります。

春は抜け毛が増える?

春は抜け毛が多くなる季節だと言われており、一説には犬や猫と同じように気温が高くなることに備えた現象だと考えられています。

一方で、生活環境の変化によるストレスや激しい寒暖差による自律神経の乱れが抜け毛の原因であり、「ストレス発散」が髪にとって大切だとも言われています。

本当のところはまだ解明されていないようですが、確かにストレスが髪に悪影響を与える可能性はありそうです。髪のトラブルを発生させないためには、ストレス発散も大切なのかもしれません。

ヘアダメージを防ぐために

それでは、「紫外線」「頭皮トラブル」のケアについて考えてみましょう。

紫外線から髪をブロック

紫外線から髪を守るためには、物理的に太陽の光を浴びないようにするのが一番。つばの広い帽子や日傘で紫外線をカットして、髪に紫外線が当たらないようにしてください。

ただし、帽子によって頭が蒸れてしまうと、逆に頭皮や髪を傷つけることがあるので要注意。通気性の高い素材を選んだり、日陰や室内では外したりするなど、蒸らさない対策が欠かせません。

丁寧なブラッシングとシャンプー

頭皮をケアするためには、正しく「ブラッシング」と「シャンプー」を行うことが大切です。

面倒なのでやらない、という方も多くいらっしゃるかも知れませんが、髪を洗う前のブラッシングは重要です。髪に付着したほこりや花粉を落とし、シャンプーの泡立ちを良くします。

ヘアブラシ

時間がない中でのブラッシングは大変ですが、手を抜かずに実践してみてください。

ブラッシングで髪を整えたら、まずはお湯で髪や地肌をしっかり洗いましょう。シャンプーを付ける前に髪にしっかり水分を含ませることがポイントです。

髪や頭皮に付いた汚れをしっかり落とせたら、十分に泡立てたシャンプーで優しく揉み洗いをします。泡を立てずに頭皮に付けると、毛穴にシャンプーが詰まることがあります。しっかり泡立ててから髪全体に付けてください。

最後に、十分な時間をかけてしっかりシャンプーを洗い流します。耳の後ろや襟足に洗い残しがない様に丁寧に洗い流してください。

ヘッドスパでリフレッシュ

もし時間があるようなら、「ヘッドスパ」や「スカルプケア」を体験してみるのもおすすめです。少しお金がかかりますが、がんばる自分へのご褒美としてリフレッシュしてみましょう。

髪を美しく、頭皮を健康に整えるだけではなく、心身ともに健やかな状態へと導いてくれるはずです。

  • LINEで送る