シャンプーのシリコン、ノンシリコンって何?

  • LINEで送る

シャンプーボトル

シャンプー売り場にずらりと並ぶ商品。その表示にはいろんな謳い文句があってどれを選んだらいいのか迷ってしまいますが、目につくのが「ノンシリコン」であることを強調したシャンプー。気になって手にとってみた方も多いのではないでしょうか?

パッケージなどの表示をみると髪に良いことが書いてありますが、「シリコンシャンプーとどう違うの?」「自分の髪にはどっちがいいの?」「そもそも『シリコン』って何?」など、いろんな疑問が浮かんできます。そこで今回は、シリコン、ノンシリコンシャンプーについて学んでみましょう。

シリコンって何?

シリコンとは、ケイ素をもとに作られた合成樹脂のことです。

熱や紫外線に強く、柔軟性があるなどさまざまな特長を持っているため、化粧品や柔軟剤、ヘアワックスなどにも広く使われています。シャンプーに配合されたシリコンは、髪の毛一本一本をコーティングして、摩擦や熱から髪を守る働きがあります。

ちなみに、「シリコン」とはケイ素のことを指し、合成樹脂の場合は「シリコーン」が正式名称なのですが、一般的には「シリコン」の呼び名が定着しているようです。

ところで、みなさんは、「シリコンは毛穴を詰まらせる」、「頭皮にシリコンが蓄積される」などの情報を耳にしたことはありませんか?

しかし、実際にはシリコンが毛穴に詰まったり、髪や頭皮に悪影響を与える科学的根拠はありません。そもそもシャンプーの主成分は水と界面活性剤などの洗浄成分で、シリコンは微量。毛穴を詰まらせることはありません。

髪や頭皮のトラブルは、シャンプーの洗浄力が強すぎる、洗い残しすすぎ残しがある、ゴシゴシ洗いをしているなどが主な原因です。シリコンを悪者扱いする情報ばかりに惑わされて、本当の原因を見落とすといつまでたってもトラブルは解決しません。

では、シリコンシャンプー、ノンシリコンシャンプーはそれぞれどんな特長があるのでしょうか?詳しく見ていきましょう。

シリコンシャンプーの特長

シリコンは先にもお話したように、髪の毛一本一本をコーティングして、摩擦や熱から髪を守る働きがあります。そのためすすぎの時の髪のきしみを防ぎ、乾かしたあとも指通りがなめらかでツルツル感が持続します。

また、髪同士の摩擦を軽減してくれるので、キューティクルの剥がれや傷みを防ぐことができ、切れ毛や枝毛、髪のパサつきや広がりを抑えてまとまりやすくなります。

さらに、シリコンは熱にも強いので、ドライヤーの熱からキューティクルを守り、つややかに仕上がります。

ただし、髪をコーティングするために髪のボリュームが抑えられ、洗い上がりは少し重めでしっとりとした仕上がりになります。

ノンシリコンシャンプーの特長

ノンシリコンシャンプーとは、その名の通りシリコンが入っていないシャンプーです。

ノンシリコンシャンプーは、髪にシリコンの膜を作らないので軽い洗い上がりになります。さらっとふんわり仕上がるので自然なボリュームが生まれます。

ただし、シリコンで髪をコーティングしていないためシリコンシャンプーよりもきしみやすく、髪が傷んでいる場合は、ドライヤーの熱などによって髪に負担をかけてしまうこともあります。

ドライヤー

髪質や状態に応じて使い分けを

シリコンシャンプー、ノンシリコンシャンプーの特長を理解すると、自分にはどちらのタイプのシャンプーが合っているかを判断することができます。

美しい髪を維持するためには、自分の髪質や今の状態に応じて使い分けをすることが大切です。

【シリコンシャンプーをおすすめ】
 ・髪にまとまりを持たせ、落ち着かせたい
 ・髪のダメージがひどく、パサついている
 ・切れ毛や枝毛が気になる

【ノンシリコンシャンプーをおすすめ】
 ・髪型をふんわりと仕上げたい
 ・コシのない髪でボリュームがほしい

髪をチェックする女性

最近の傾向では、ノンシリコンシャンプーの方が髪に優しいイメージがありますが、シリコンが髪や頭皮に悪影響を与えることはなく、シリコンシャンプーもノンシリコンシャンプーもどちらも良い点があります。

大切なのは、自分の髪質に合ったシャンプーを選ぶこと。そして何よりも正しく髪を洗うこと。この基本を守って美しい髪を保ちましょう。

  • LINEで送る