パサパサ髪は老けて見える!?春のヘアトラブルをケアして若々しい印象に

  • LINEで送る

春

春風にのってそろそろ桜の便りが届く頃ですが、この時季の気候はとても気まぐれ。春らしいポカポカ陽気の日もあれば、急に寒くなる花冷えの日もあり、寒暖差がある上、まだまだ空気も乾燥しています。

そのため、肌に不調を感じていつもより丁寧にお手入れしている方も多いでしょうが、肌に気を取られて髪のケアが疎かになってはいませんか?

乾燥してツヤのないパサパサの髪では、いくら肌の調子を整えても全体的には老けた印象を与えてしまいます。春の乾いた髪や頭皮をしっかりケアして、明るい春に似合う若々しい印象づくりを目指しましょう。

春にヘアトラブルが起きやすいのはなぜ?

春はヘアトラブルが起きやすい季節と言われますが、その理由としては次のようなことが考えられます。

不安定な春の気候

春は気温の変動が激しく、その寒暖差に体が対応できずに体調を崩してしまう方もいらっしゃるでしょうが、寒暖差は髪にも悪影響を与えます。

寒暖差のある不安定な気候は、自律神経の乱れを引き起こし、髪の栄養不良や血行不良などを引き起こしやすくなります。

また、湿度はまだまだ低く、空気が乾燥してるために静電気が起きやすい状態です。

さらに、風が強くなる春は、ホコリや花粉が髪に付着しやすくなります。

しかも冬からの乾燥のダメージもまだ引きずったまま。こうしていろんな不安定要素が重なるため、春はヘアトラブルを起こしやすくなってしまうのです。

紫外線のダメージ

紫外線も春のヘアトラブルにつながる大きな原因の一つです。「夏でもないのに?」と思われるかもしれませんが、春になると紫外線が急に強まります。

紫外線のダメージを受けた髪は、キューティクルが傷つき、水分やタンパク質が流れ出してパサパサ、ゴワゴワ状態に。ツヤがなくなり、枝毛や切れ毛も起こりやすくなります。

また、紫外線は頭皮の老化も招き、抜け毛や薄毛、白髪などにもつながります。

気温上昇による頭皮トラブル

春になって気温が高くなると汗腺や皮脂腺の働きが活発になるため、毛穴詰まりを起こしやすくなります。毛穴に皮脂や汚れが詰まると、髪のべたつきや頭皮のにおい、フケを発生させる原因になってしまいます。

また、気温の上昇で血行が良くなると、頭皮の「かゆみ」につながることがあります。そのかゆみに我慢できず、掻きむしって頭皮を傷つけてしまうとさらにかゆみを発生させて大きなトラブルを引き起こしてしまう場合もあります。

トリートメント

若々しい印象を与えるためのヘアケア

若々しい印象を与える髪を保つには、インバス、アウトバスでの丁寧なケアと紫外線対策がとても重要です。では、それぞれ具体的に見ていきましょう。

インバスケア

○丁寧なブラッシングとシャンプー

髪を濡らす前にはしっかりとブラッシングしておきましょう。ホコリや汚れを落としておくと、少量のシャンプーでも泡立ちがよくなり、髪や頭皮への負担を減らすことができます。

また、ブラッシングで髪のもつれをといておくと、シャンプー時の抜け毛を防ぐ働きもあります。

シャンプー前の予洗いも丁寧に行いましょう。シャンプーをつけずにお湯だけですすぎをします。目安は3分程度。この時点で約70%の汚れが落ちると言われています。

髪を洗う時も優しく、丁寧に。髪にダメージを与えるゴシゴシ洗いはNGです。

シャンプーを手でよく泡立てて、頭皮は指の腹を使って細かくマッサージするように洗います。髪の毛も優しく揉むように洗い上げましょう。

○蒸しタオルでトリートメント効果をアップ

トリートメントは、まず毛先から。手ぐしで揉み込むようにつけてよく馴染ませます。その後、中間部、上部へと広げながら、頭皮を避けて髪全体に馴染ませます。

ここでのポイントは、頭皮にはトリートメントをつけないこと。油分の多いトリートメントを頭皮につけてしまうと、毛穴詰まりや頭皮トラブルの原因になることがあるので気をつけましょう。

毛先などダメージが気になる部分には重ね塗りを。また、特にダメージがひどい場合は、蒸しタオルを巻いて約5分置くと、トリートメントがより内部に浸透して効果的です。

ドライヤー

アウトバスケア

○ドライヤーの前に洗い流さないトリートメントでケア

タオルドライ後、ドライヤーを使う前にアウトバストリートメント(洗い流さないトリートメント)でケアするのもおすすめです。

キューティクルを保護してドライヤーの熱から守ってくれると同時に、髪の内部にも働きかけて傷んだ髪を修復してくれます。

髪質や髪の状態に合ったトリートメントを選び、ここでも頭皮を避けて髪全体になじませます。

また、トリートメントはたっぷり使ったほうが効果があるように思いがちですが、つけすぎると毛髪の油分が多くなり、髪の質感が重くなったり、頭皮につきやすくなったりします。さらに日焼けや退色の原因になってしまうこともあるので、適量を守って正しく使いましょう。

○自然乾燥はNG

乾かす時は、ドライヤーを使って頭皮まできちんと乾かしましょう。頭皮が湿ったままだと雑菌が繁殖しやすくなり、頭皮トラブルの原因となります。

また、髪は濡れるとキューティクルが開いてしまい、そのままでいるとダメージを受けやすくなります。シャンプー後は、濡れたままにせず、素早く乾かすことが大切です。

ドライヤーを使う時は、熱や摩擦に弱いキューティクルを傷つけないように、髪から20cm以上離し、同じ場所に長くあてすぎないようにします。最後に冷風を当てて冷やすと髪が落ち着き、ツヤのある仕上がりになります。

紫外線ケア

夏のように日差しがきつくなくても、紫外線はしっかりと降り注いでいます。外出時には、日傘や帽子で紫外線対策を。ツバの広い帽子やUVカット加工されている日傘を選べば、より効果的です。

ただし、帽子によって頭が蒸れてしまうと、逆に頭皮や髪を傷つけることがあるので、通気性の高い素材を選んだり、日陰や室内では外したりするなど、蒸らさない対策を心がけましょう。

また、最近は、UVカット効果のあるヘアケア商品も多く出回っています。スプレータイプの日焼け止めならお出かけ前の忙しい時にも手軽にケアでき、洗い流さないトリートメントタイプなら紫外線を防ぎながら髪に潤いを与えてくれます。日傘や帽子と併用すれば、紫外線をカットする効果がより高まります。

つばの大きい帽子

春は出会いの季節。初めて会う方も多く、そんな時は第一印象がとても大切です。毎日のケアでツヤのある美しい髪を保ち、好感度をアップさせましょう。

  • LINEで送る