夏の髪のダメージは秋に現れる?

  • LINEで送る

秋になると髪がパサつき、切れ毛や抜け毛が増えたように感じることはありませんか?

強い日差しや冷房、海水浴など、夏ならではの環境や行動などによってダメージを受けた髪は、秋になると様々なトラブルが表面化してしまいます。そのままケアせずにいると、トラブルを悪化させて髪の成長にも大きな影響を与えてしまいます。

そこで今回は、夏のダメージヘアをケアして、健康な髪を取り戻す対策方法をご紹介します。

夏の海

夏の髪のダメージの原因は?

秋に現れるヘアトラブルは、夏ならではの気候や環境、生活習慣が大きく関係しています。

■紫外線

まず考えられるのは、強烈な紫外線のダメージ。紫外線量が1年で最も多い夏は、自分で思っている以上に髪や頭皮にダメージを受けています。

強い紫外線を浴び続けると髪の潤いを保つキューティクルが剥がれやすくなり、潤いを失ってパサパサ、ゴワゴワ状態に。枝毛や切れ毛にもなりやすくなります。

■汗や皮脂

気温の高い夏は汗や皮脂の分泌が盛んになりますが、この汗や皮脂が頭皮の毛穴を詰まらせると、髪の成長を妨げたり、毛根を弱らせたりするため、髪が痩せて抜け毛が多くなります。また、雑菌が繁殖しやすくなって、ニオイやかゆみの原因にもなります。

日差しを気にする女性

■冷房

冷房も髪にダメージを与える原因の一つです。冷房の効いた部屋で長時間過ごしていると肌が乾燥するように、髪や頭皮も乾燥します。乾燥は髪のパサつきやゴワつきにつながるだけでなく、フケも発生しやすくなります。

■冷たいものの食べ過ぎ、飲み過ぎ

夏は、冷たいものの食べ過ぎや飲み過ぎ、冷房などによって体を冷やしやすくなります。体が冷えると頭皮の血行も悪くなり、栄養が毛根まで届きにくくなります。その結果、抜け毛を増やしたり、髪の毛の成長を妨げたりします。

■海やプールの塩分・塩素

海水やプールの水に含まれる塩分や塩素も髪にダメージを与えます。髪に残った塩分や塩素が浸透圧の関係で髪の内部の水分を奪い、乾燥させてしまうのです。今年、海やプールで遊ぶことが多かった方は、より丁寧にケアしてダメージを受けた髪をいたわってあげましょう。

ブラッシングをする女性

健康な髪を取り戻すためのヘアケア

では、夏に受けたダメージをケアして健康な髪を取り戻すには、どうしたら良いのでしょうか?具体的なケア方法を見ていきましょう。

髪と頭皮を清潔に保つ

まずは、髪と頭皮を清潔に保つことが大切です。ただし、夏のダメージを受けた髪や頭皮はとてもデリケートな状態にあります。髪を洗う時に刺激の強いシャンプーを使ったり、ゴシゴシ洗いは禁物です。低刺激の優しいシャンプーを選んで、優しくいたわるように洗ってあげましょう。

■正しい髪の洗い方

1.髪を洗う前のブラッシングで、絡みやホコリをとっておきましょう。
頭皮の血行を促進し、シャンプーの泡立ちもよくなるので、頭皮と髪への負担が軽減されます。

2.シャンプーをつける前に、お湯で髪や頭皮を予洗いしてください。
これだけで汚れの約70%を落とすことができ、シャンプーをつけて洗う時間が短くなるので、髪や頭皮への負担も抑えられます。予洗いの目安は3分程度。お湯の温度は37度程度のぬるま湯で。

3.シャンプーは手でよく泡立ててから髪の根元全体につけ、十分に泡立つまでもみ洗いをします。このとき決して爪は立てず、指の腹で頭皮をマッサージするように洗いましょう。

4.頭皮を優しく洗い上げたら、髪全体に泡を広げて、髪の表面を洗ってください。

5.すすぎは、耳の周りや襟足などのすすぎ残しがないように、洗う時間の3倍かけてしっかり洗い流しましょう。
すすぎが不十分だと、フケやかゆみの原因になります。

トリートメントや美容液で栄養補給

傷んだ髪には、トリートメントや美容液でしっかり栄養補給してあげましょう。キューティクルを保護するだけでなく、内部にまで栄養成分が浸透して内側からもケアしてくれます。

特に傷みが気になる場合には、「インバストリートメント」(洗い流すトリートメント)と「アウトバストリートメント」(洗い流さないトリートメント)を併用するのもおすすめです。

髪の内と外からケアする2つのタイプを併用すれば、内側に与えた栄養を逃さず、外からのダメージから髪を守ることができるのでより効果的です。

頭皮マッサージで血行を促す

シャンプー時やお風呂上がりの清潔な頭皮を、指の腹を使ってやさしくもみほぐすようにマッサージして血行を促してあげましょう。

血行が良くなると頭皮の細胞に必要な栄養素がしっかりと行きわたり、健康で美しい髪が生まれます。

また、血行が良くなると新陳代謝が高まり、毛穴に詰まった皮脂などの老廃物もスムーズに排出されるようになります。

ドライヤーでしっかり乾かす

髪を乾かす時は、ドライヤーを使って頭皮までしっかりと乾かしましょう。

濡れた髪はキューティクルが開いた状態なので、そのままでいるとダメージを受けやすくなります。シャンプー後は、濡れたままにせず、素早く乾かすことが大切です。

また、頭皮が湿ったままだと雑菌が繁殖しやすくなり、頭皮トラブルの原因となります。

ドライヤーを使う時は、熱や摩擦に弱いキューティクルを傷つけないように、髪から20cm以上離し、同じ場所に長時間当てないようにします。最後に冷風を当てて冷やすと髪が落ち着き、ツヤのある仕上がりになります。

傷んだ毛先

生活習慣を整える

健康な髪を取り戻すには、生活習慣を見直すことも重要です。

食生活においては、脂っこい食べ物や甘いもののとり過ぎに注意しながら、髪に良いと言われるビタミン、ミネラル、たんぱく質を意識して、バランスの取れた食事を心がけましょう。

また、頭皮の細胞は、夜寝ている間に作られます。寝不足や質の悪い睡眠が続くと新しい細胞をうまく作り出すことができず、髪の成長を妨げてしまいます。

十分な睡眠で自律神経を整えるとホルモンバランスや血行の良い状態を保つことができ、髪や頭皮に良い影響を与えるので、不規則な生活や睡眠不足を見直して、健康な髪を育てましょう。

秋もしっかり紫外線対策

紫外線は1年中降り注いでいます。秋だからと油断せずに外出時には、日傘や帽子、UVカット効果のあるヘアケア商品などを活用してしっかり紫外線対策を行いましょう。

ただし、帽子によって頭が蒸れてしまうと頭皮や髪を傷つけることがあります。通気性の高い素材を選んだり、日陰や室内では外したりするなど、蒸らさないように気をつけましょう。

外出時の帽子着用

おしゃれの秋を楽しむには、装いだけでなく、髪の美しさも重要な要素となります。夏に受けたダメージを秋に持ち越さないように、しっかりお手入れしてツヤのある健やかな髪を取り戻しましょう。

  • LINEで送る