胃腸の調子を崩しやすい秋

  • LINEで送る

夏の暑さも和らぎ、夜風が涼しい季節となりました。

涼しくなって過ごしやすいはずなのに、なんとなく食欲が出なかったり、胃がムカムカしたり、胃腸の調子が悪いと感じることはありませんか?

今回は、こういった秋に見られる胃腸の不調の原因と対策を紹介します。

秋の風景

胃腸の調子が崩れる原因とは?

まずは、秋に胃腸の調子を崩しやすい原因を見てみましょう。

①夏から続く食生活

夏の間は、水分を多く摂ったり、冷たい飲み物や食べ物を口にしたりする機会が多くありました。

夏は汗が多く出るので、水分を多く摂ることはとても大切だったのですが、秋になっても水分を多く摂り続けていると、胃液が薄くなって胃腸機能の低下が起こりやすくなります。

また、夏に引き続き冷たい飲み物や食べ物を口にしていると、内臓を冷やしてしまい、これも胃腸機能の低下を招く要因となってしまいます。

秋に食欲不振や胃もたれを感じているという方、上記に心当たりはないでしょうか。

②寒暖・気圧の差

9月に入ると、日中に比べて朝晩は涼しいと感じる日が多くなってきますよね。こうした寒暖差に自律神経が対応できなくなってしまうと胃酸が過剰に分泌され、胸やけや胃痛を起こす原因となってしまいます。

また、9月は台風が発生したり長雨が続いたりと天候の変化もめまぐるしい月です。天候が変わることによって、気圧が一気に低くなることも多くなります。

そうすると酸素が薄くなって呼吸が浅くなり、これも自律神経が乱れる原因となってしまいます。

体調不良

胃腸の調子を良くする方法

では、胃腸の調子を良くするために、どのようなことに気をつければ良いのでしょうか。

①冷たい飲み物や食べ物を控える

胃腸機能を正常に働かせるためにも、できる限り冷たい食べ物・飲み物はとらないように気をつけましょう。

外出先などで、どうしても冷たい飲み物しかないという場合には、一気に大量に飲むのではなく、少しずつ複数回にわけて飲むようにしましょう。

また、起き抜けに一杯の白湯を飲むことで内臓が温まり、胃腸の動きを活発にさせるスイッチが入るとも言われています。

②湯船にゆっくりと浸かる

自律神経を整えるには、38℃前後のぬるま湯に10~30分ほどゆっくりと浸かって血行を促進することが有効です。

ふくらはぎは「第二の心臓」とも言われており、血流に大きく関係する部位なので、入浴中にマッサージすると良いですね。

身体が温まってくると自然と発汗作用が高まるので、入浴前には水分補給をお忘れなく!

③軽い運動をする

じんわり汗が滲む程度の軽い運動で、自律神経の調子を整えましょう。

たとえば寝起き・寝る前にストレッチをする、エスカレーターを使わずに階段を利用する、通勤ついでにウォーキングをする、家事の最中につま先立ちをする、など日常生活のついでにできるような軽い運動でかまいません。

ただし、食後すぐに運動をするとかえって胃腸に負担をかけてしまうので、最低でも2時間は空けるようにしましょう。

また、運動中の水分補給もこまめに行うべきですが、体温よりも冷えた飲み物を飲むと、胃が冷えて消化活動が鈍くなる原因に。なるべく常温のもので水分補給をするようにしましょう。

ストレッチ

④よく噛んでゆっくりと食べる

よく噛んでゆっくりと食べることは、消化の促進になると言われています。食べ物が細かくなることで胃腸への負担が軽減されますし、唾液が多く分泌されることでアミラーゼが増えて消化のサポートとなります。

食事内容も、自律神経を整える作用のある「ビタミンB1」を摂取することを意識すると良いでしょう。豚肉、大豆類、キノコ類、昆布、海苔に多く含まれています。秋の味覚である秋刀魚、きのこ類、かぼちゃ、さつまいもからもビタミンB1を摂取することができますよ。

胃腸をねぎらうためにも、できるだけ温かい食事、消化に良い食事を心がけるようにしましょう。

さんま

せっかく食べ物が美味しい秋なのに、胃腸に不調を感じていると残念ですよね。内臓を温めること、そして自律神経を整えることを意識しながら、胃腸の調子を整えておきましょう!

  • LINEで送る