肌だけではダメ!目の日焼け対策

  • LINEで送る

みなさんは、目も日焼けすることをご存知ですか?肌の大敵である紫外線は、目にもコワイ存在。無防備なままでいると目の病気を招いてしまうこともあります。

これからますます強くなる紫外線。目の紫外線対策もしっかりして、きれいな瞳を守りましょう。

太陽に手をかざす

目が日焼けするとどうなるの?

目には本来、日焼けを防ぐ働きがあり、目から入った紫外線は、大半が目の表面の角膜で吸収され、角膜を通過した紫外線もほとんどは水晶体で吸収されます。

しかし、紫外線が強すぎたり、長時間浴び続けたりすると、角膜や水晶体にダメージを与え、目の病気を引き起こしてしまいます。

特に日本人は、欧米人と比べると顔の彫りが浅く、いろいろな角度から光が飛び込んできやすい骨格をしています。また、日本人は瞳の色が濃く、欧米人に比べて眩しさを感じにくいために紫外線に対して無防備になりがち。そのため紫外線の影響を受けやすいと言われています。

紫外線が影響する目の病気

では、紫外線が影響する目の病気にはどんなものがあるのでしょうか。

目の日焼けで起きる病気として知られているのが「紫外線角膜炎」です。

強い紫外線を浴びた角膜が炎症を起こし、目が充血する、ゴロゴロとした異物感がある、涙が止まらないなどの症状が出る病気です。ひどい時には強い痛みを感じることがありますが、通常は1~2日ほどで症状は自然と治まります。

目の病気で多い「白内障」も紫外線により、発症、進行しやすくなると言われています。

白内障は、水晶体が白く濁り、視力が低下する病気で、進行すると失明することもあります。長年紫外線を浴び続けたことによって蓄積されたダメージが、水晶体に悪影響を与えて白内障につながると考えられています。

ほかにも、黒目の脇にシミができる「瞼裂斑(けんれつはん)」や白目を覆っている半透明の結膜が、目頭の方から黒目に三角形状に入り込んでくる「翼状片(よくじょうへん)」なども、紫外線を長年にわたって浴び続けることで発症しやすくなると言われています。

目が日焼けすると、肌も日焼けする!?

2012年に大阪市立大学の研究チームが、目から入る紫外線で肌が日焼けするという研究結果を発表して国際的な話題になりました。

目が強い紫外線を浴びると角膜が炎症を起こし、それが刺激になって脳に「メラニンを作れ」と命令し、肌のメラニンが増えるというものです。

メラニンが増えると、当然シミやそばかすのリスクも高まります。肌のためにも目を紫外線から守ることが大切です。

サングラス

目の紫外線対策

目の紫外線対策の鉄則は、肌の紫外線対策同様、とにかく紫外線を浴びないことです。

■サングラス着用で紫外線をカット

UVカット機能を持ったメガネやサングラスを正しく着用すれば、90%以上の紫外線を防いでくれます。

日本人の場合、サングラスに対して、大げさ、目立つなどのイメージもあるからか、海外に比べて着用率が低い傾向がありますが、先にもご紹介したように日本人は紫外線を浴びやすいので、積極的に目を守る行動を心がけましょう。

■サングラスは顔にフィットしたものを選ぶ

紫外線は、直接太陽から届くものだけでなく、空気中や地面などで反射して届くものもあり、上下、前後、左右いろいろな方向から射しています。

そのためレンズサイズが小さかったり、骨格に合わなかったりすると目の横や後ろから入ってくる紫外線を防ぐことができません。サングラスやメガネを選ぶときには、顔にフィットしているかどうかをしっかりチェックしましょう。

なお、帽子や日傘を併用すれば、サングラスの隙間の紫外線を防ぐことができ、より効果的です。

■サングラスの色は薄目がおすすめ

色の濃いサングラスをかけると、目に入る光量が少なくなるため瞳孔が開き、かえって紫外線を多く受けてしまう危険性があります。

紫外線対策ならUVカット機能のある薄めのサングラスがおすすめ。また、紫外線の量でレンズの色が変化する調光レンズや目に近いところで紫外線を防ぐことができるUVカットのコンタクトレンズも効果的です。

■朝夕のジョギングや散歩中も紫外線対策を

「日が高くなると暑くなるので、ジョギングや散歩は朝夕の涼しい時間に」、という方も多いでしょうが、実はここには落とし穴が・・・。この時間帯は太陽の高さが低いため、正面から紫外線が直接目に入ってきます。油断せずにしっかり紫外線対策をして出かけましょう。

また、曇りの日も油断は禁物。紫外線は曇りの日でも晴れた日の約6割、少し晴れ間が見える薄曇りの日は、雲に紫外線が反射して8~9割の紫外線が降り注いでいるので注意が必要です。

■目が日焼けしてしまったら(アフターケア)

屋外で強い日差しを浴びたり、目の日焼けを感じたら、まずは目を閉じて安静にして、目を休ませてあげましょう。冷たいタオルを目に当てたり、目の炎症や充血をケアする目薬を利用するのも効果的です。

ただし症状がひどい場合やケアしても症状が治まらない場合は、早めに眼科医に相談しましょう。

目薬

目の紫外線対策を怠ると目の健康はもちろん、肌にも影響を与えてしまいます。肌だけでなく目もしっかりと紫外線から守り、健やかでクリアな視界でこの夏を楽しみましょう。

  • LINEで送る