夏こそ身体の冷えに要注意

  • LINEで送る

多くの女性が悩む「身体の冷え」。夏は気温が高いため、冷えとは無関係なように思えますが、エアコンが効きすぎている場所が多かったり、冷たい飲み物を飲む機会が増えたりして、意外にも身体が冷えやすい季節となっています。

冷たい飲み物

夏を快適に過ごすため、さまざまな不調を引き起こす身体の冷えについて考えてみましょう。

夏に身体が冷える要因

まずは、夏に身体が冷える要因を見ていきましょう。

① エアコンがある環境への慣れ

今やどこへ行ってもエアコンが整備されていますが、エアコンで気温が調整された場所にいることに慣れてしまうと、身体自身が体温を調整する機能が鈍くなってしまいます。そうすると必要なときにすばやく体温を上げることが難しくなり、血行不良が生じて冷えの原因となってしまいます。

② 冷たい食べ物や生野菜

夏はどうしても、冷たい飲み物を飲んでしまいがち。冷たい飲み物を飲みすぎるとお腹が冷えてしまいます。また、生野菜にも身体を冷やす働きがあり、みずみずしくて美味しいからと言って食べ過ぎてしまうと、身体を冷やしてしまうことになります。

生野菜

③ 運動不足

夏場はジリジリとした陽射しを避けるため、外出する機会を減らして室内にいることが多い、という方もいらっしゃるのではないでしょうか。身体の熱の多くは、筋肉を動かすことによって生み出されます。つまり、運動不足になると筋肉の動きが低下し、体内で生産される熱量が下がってしまうのです。そうして、身体が冷えるリスクが高まります。

④ 過度な食事制限やカロリー制限

半袖やノースリーブの服を着るために、はたまた水着を着るために、夏の間は気合いを入れてダイエットをしているという方も多いのではないでしょうか。しかし身体は、食事から摂取したカロリーを利用して、熱を保っています。過剰にカロリー摂取を制限してしまうと、身体の熱を作る機能が働きづらくなってしまい、身体は冷えてしまいます。

ダイエット

冷えによる身体への悪影響

では、身体が冷えることによって、具体的にどんな悪影響が出てくるのでしょうか。

① 自律神経の乱れ

自律神経とは、集中状態とリラックス状態を司っている神経です。自律神経が適切に働くことは、血流や体調の維持にも大きくかかわっています。

冷えは、この自律神経を乱す原因となります。自律神経が乱れると、頭痛や胃腸のトラブルが起こったり、寝つきが悪くなったりします。また、自律神経は女性ホルモンや精神安定に効果がある脳内物質“セロトニン”とも密接な関係にあり、これらが乱れると感情のコントロールができなくなって情緒不安定になってしまう場合もあります。

② 免疫低下により風邪を引きやすくなる

身体が冷えると、内臓も冷えてしまいます。内臓が冷えると免疫力が低下し、通常であれば進入を防げているウイルスでも体内に通してしまうので、風邪を引いてしまう可能性が高まります。また、エアコンの風は空気を乾燥させるので、エアコンの効いた部屋に長時間いると、喉を痛めたり咳が出やすくなったりもします。

エアコン

③ むくみ

以前、こちらのコラムでも“むくみ”について紹介しました。

むくみは、体内に余分な水分や老廃物が溜まることによって発生します。つまり、余分な水分や老廃物を押し流す役割を担う血流が悪くなることで、引き起こされるのです。内臓を冷やして血流を悪くする冷えは、むくみを引き起こす環境も作りやすいとも言えます。また、エアコンが効いた部屋と外気温との差によって血管が収縮し、さらに血の流れが悪くなることもあります。

夏の冷え対策

では、夏の不調を引き起こさないために、どうすればよいのでしょうか。対策を見ていきましょう。

① 首、お腹、足首を温める

みなさんも耳にしたことがあるかもしれませんが、東洋医学では、冷やしてはいけないツボが3つあると言われています。それは、首、お腹、足首です。

首を温めることで首周辺の血行が良くなり、肩こりや首のこりからくる自律神経の乱れを防ぐことができます。また、お腹を温めることで、内臓の動きを活発にすることも期待できます。冷えが気になる方は、夏場でも薄手の腹巻きをするのがおすすめです。夏風邪を引きづらくなりますよ。

下半身は重力に逆らって血液が流れているので、冷えていないときでも血流は悪くなりがちですが、足首を温めることで血流が良くなり、むくみ予防の効果があります。

② 羽織れるものを持ち歩く

移動中の電車など、エアコンの効いた場所にいるときは、自分の意思で空調の温度を変更することはできません。そこで、寒いと感じたときにすぐに着ることができる、薄手のカーディガンやストールを常に持ち歩くことがおすすめです。

最近は、シワになりにくい素材のもの、かさばらない軽いものも多く発売されているので、手軽に取り入れることができます。かばんに一枚、忍ばせておきましょう。

③ 飲み物は常温のものを選ぶ

夏にこまめに水分補給をすることは大切ですが、飲むものの温度にも注意を払うようにしましょう。冷たい飲み物ばかり飲んでいると身体を冷やしてしまうので、常温もしくは暖かい飲み物を選ぶように意識しておきましょう。

④ シャワーだけでなく湯船に浸かる

夏場はシャワーだけで済ませているという方も多くいらっしゃるかもしれませんが、全身の血流をまんべんなく良くするためにも、できる限り湯船に浸かることを心がけましょう。毎日入らなきゃと思うと負担になってしまうかもしれないので、一週間のうち○曜日と△曜日だけ、など自分で無理のないルールを決めておくのもいいかもしれませんね。

お風呂

⑤ 身体を温める食品を摂る

身体が熱を作り出すのに欠かせないのが、たんぱく質です。たんぱく質を多く含む肉類、魚類を、夏場は積極的に食べるようにしましょう。肉や魚の脂質が気になるという方は、低脂質で高たんぱくの豆類をうまく活用しましょう。ただし、夏バテをしてしまって食欲がわかない……という場合は、たくさん食べようと無理しないでくださいね。その日の体調に合わせて、調整してください。

⑥ 適度な運動やストレッチ

血流を良くするために、適度な運動も欠かさないようにしましょう。軽いジョギングやウォーキングを取り入れられると、良いですね。血行促進効果だけでなく、リラックス効果もあって一石二鳥です。

ジョギング

暑い夏を快適に過ごすために、エアコンや冷たい飲み物などで体温を調整することは悪いことではありません。しかし冷やしすぎると、予期せぬ不調を招いてしまうかもしれません。

今回紹介した対策を取り入れて、蒸し暑い夏を乗り切りましょう!

  • LINEで送る