カサカサくちびるからぷるツヤくちびるへ

  • LINEで送る

日毎に寒さが増し、空気が乾燥する季節には、くちびるの荒れが気になります。

皮がめくれたくちびるやカサカサ、シワシワのくちびるでは、口紅もうまく塗れず、せっかくメイクしてもおしゃれ度は半減。また、荒れたくちびるは、実年齢よりも老けた印象を与えることがあります。

ぷるツヤの美しいくちびるを手に入れるために、まずはカサカサくちびるの原因を知り、正しいケアを始めましょう。

唇

くちびるが荒れやすいのはなぜ?

くちびるが荒れる一番の原因は「乾燥」ですが、実はくちびる自体とても乾燥しやすい構造をしています。

ほかの肌に比べると角質層が3分の1程度と薄い上、皮脂腺や汗腺がありません。そのため保水力やバリア機能が弱いので水分が蒸発しやすく、乾燥した状態になりやすいのです。

また、くちびるは紫外線から肌を守るメラノサイトも少なく、直接紫外線のダメージを受けやすいパーツです。特に冬でも夏の半分ほどの量が降り注ぐUV-A(紫外線A波)は、肌奥の真皮まで達し、肌のハリやうるおいを保つコラーゲンやエラスチンなど破壊します。そのため縦じわができる、保湿力を損なうなどの症状が現れやすくなります。

くちびるが、乾燥しやすい環境にあるのも荒れやすい原因です。気温の変化を受けやすく、口呼吸を行うたびに空気がくちびるに触れて、常に乾燥にさらされている状態が続きます。

乾燥や紫外線以外の原因としては、体の不調が考えられます。くちびるが荒れているとき、「胃腸が悪いの?」と言われたことはありませんか?

くちびるから胃腸は同一上の粘膜であり、体の内側の状態が反映されやすいパーツです。胃腸の粘膜に熱が発生していたらくちびるが乾き、胃腸が腫れていたらくちびるも腫れる、体が冷えるとくちびるの血色が悪くなるなど、胃腸の荒れや体の冷えは、くちびるの荒れにつながると言われています。

鏡を見る女性

カサカサくちびるの原因となる悪習慣

乾燥や紫外線、体調不良などによって荒れるくちびるですが、日々の生活の中で次のようなクセや習慣がある方は、カサカサくちびるをさらに悪化させやすいので注意しましょう。

■くちびるをなめる

くちびるが乾いた時に、ついくちびるをなめてしまう方も多いのではないでしょうか?

くちびるをなめた直後はうるおったように感じますが、唾液の水分が蒸発するときにくちびるの水分も一緒に奪ってしまうため、余計に乾燥してしまいます。さらに、なめることでリップクリームも落ちてしまい、より荒れやすくなってしまいます。

■食後やメイク落としの時、ゴシゴシこする

くちびるは、少しの摩擦でも荒れやすいデリケートなパーツです。食事したあとやメイクを落とすときにゴシゴシこすると、くちびるがダメージを受け、荒れにつながります。

くちびるを拭くときは柔らかな素材で軽く押さえる程度に。またメイク落としもこするのではなく、優しくなじませて落とすなど摩擦を与えないようにしましょう。

くちびるを触るクセがある方も要注意です。触るだけでもダメージを与えることがあります。無意識にしてしまいがちですが、意識して触らないように習慣づけましょう。

■インスタント食品、ファストフードの摂り過ぎ

胃腸の荒れは、くちびるの荒れにつながります。インスタント食品やファストフードを食べすぎると、栄養のバランスを崩し、塩分の摂り過ぎにもなり、胃腸の荒れを招きます。

■睡眠不足、ストレスがある

睡眠不足やストレスは、免疫力を低下させ、胃腸の機能低下にもつながります。胃腸が不調だと口角炎、口唇炎、口内炎などを起こしやすく、カサカサくちびるになりやすくなります。くちびるの荒れを感じたら、生活習慣を見直してみましょう。

リップ

カサカサくちびるの予防とケア

では、カサカサくちびるをぷるツヤくちびるにするには、どうすればよいのでしょうか?

こまめにリップクリームを塗る

まずは、くちびるを「乾燥させない」ために、リップクリームでしっかりとケアすること。くちびるは無意識になめたり、触ったりしてせっかく塗ったリップクリームも落ちやすいので、こまめに塗ることが大切です。

リップクリームを塗るときに、くちびるの形に添って横向きに塗る方も多いようですが、摩擦によって逆に荒れやすくなってしまう場合があります。

くちびるは組織が縦になっているので、くちびるの線に合わせて縦向きに塗ると隙間に浸透しやすく、保湿力も持続します。なじませたいときは、指の先で優しくポンポンとつけてあげましょう。

ひどい荒れにはリップパックが効果的

荒れがひどいときには、リップパックがおすすめです。

【パックの方法】
1.蒸しタオルでくちびるを温めます
2.リップクリームをたっぷり塗ります。
3.ラップで蓋をして3分ほど密閉します。

清潔で血行が良くなっているお風呂上りなどに行うのがベストです。リップパックすることで、潤いが浸透し、くちびるがよりしっとりします。

体の内からのケアも大切

くちびるは体調が反映されやすいので、体の内側からのケアも大切です。

■食習慣の改善

くちびるの荒れを防ぐには、胃腸の調子を整えることが重要です。胃腸が荒れているときには、消化の良い食事で胃腸を休めてあげましょう。

また、卵、レバー、納豆、海藻類などに多く含まれるビタミンB群は、粘膜の修復に役立つ栄養素なので、意識的に摂るようにしましょう。ぷるツヤのためには、コラーゲンの生成に役立つビタミンCもしっかり摂取しましょう。

■腸内環境の整備

腸内の免疫力がアップして腸内環境がよくなると、くちびるの荒れや乾燥防止につながります。

免疫力を上げるには、腸内の善玉菌を増やして腸内細菌のバランスを整える必要があります。善玉菌を増やす食品は、ヨーグルトやチーズなど。また、ブロッコリー×チンゲンサイ、ホウレン草×キャベツの組み合わせは、免疫力アップに効果的です。上手に献立に取り入れてみてください。

■こまめな水分補給で体の内側の乾燥を防ぐ

体内の水分不足もくちびるの乾燥につながります。寒くなると喉の渇きも感じにくくなり、水分補給が減って気づかぬうちに水分不足に陥っていることがあります。

1日の目安は、約1.5リットル。「喉が渇いたな」と感じたときには、すでに体内は水分不足の状態だと言われているので、喉の乾きを感じる前に、意識して小まめに補給するようにしましょう。

笑顔の女性

くちびるは思っている以上にデリケートで体調の影響をうけやすいパーツだけに、こまめなリップケアと同時に体の内側からのケアも重要です。手間を惜しまず両面からしっかりケアして、ぷるんとしたつややかなくちびるを手に入れましょう。

  • LINEで送る