「手」は顔より目立つ!?ハンドケアで美人度アップ

  • LINEで送る

顔はメイクで若々しく見えても、手に年齢が出ている・・・。そう感じたことはありませんか?

それほど手は年齢が出やすいパーツ。しかも顔より10年早く老化するとも言われています。

いつまでも若々しい手を保つためには、顔のお手入れ同様、手もしっかり意識してケアすることが大切です。

手と肌のアップ

顔より早い手の老化

手は、しわやカサつきなどのトラブルが出やすい上、物に触ったりつかんだりと酷使することが多く、汚れやすいので手を洗う回数も多くなります。そのため乾燥や手荒れも起こしやすくなります。

さらに、年を重ねると脂肪が減り、ハリや弾力が衰えて皮膚が薄くなると血管が目立つようになります。骨ばって血管が浮き出た手は、やはり老いを感じさせてしまいます。

ところでみなさんは、強い日差しを感じた時、つい手で遮る仕草をすることはありませんか?それも顔はしっかりUVケアしているのに、手は無防備なまま・・・。

手は、化粧や服で保護せずに素肌でいることも多く、紫外線を浴びやすいパーツです。これも手の老化を早める大きな原因の一つです。

紫外線を浴びればシミができやすくなります。しかも、手は顔よりも新陳代謝が遅く、メラニン色素が沈着しやすく、取れにくいと言われています。

また、紫外線は、真皮の中で肌のハリを生み出すコラーゲンやエラスチンを破壊します。きちんとしケアしなければ、紫外線のダメージを受けやすく、しわを作って手の老化を進めてしまいます。

太陽

手の老化を防ぐためのお手入れ

では、手の老化を防ぎ、ハリとうるおいのある手をキープするにはどうしたらよいのでしょうか?

日常生活で気をつけたいことやハンドケアについて詳しく見ていきましょう。

日常生活で気をつけたいこと

普段の何気ない行動が手の老化を早めていることがあります。

■濡れた手の水分をきちんと拭き取る

「きちんと手を拭く」。いまさらと思われるかもしれませんが、意外とできていないのがこの行動。濡れた手をパッパッと振って乾かしてしまうことはありませんか?

手に水分が残っていると、その水分が蒸発する時に肌の水分まで奪い、肌の乾燥を助長させてしまいます。水に濡れた手は、面倒がらずに清潔なタオルやハンカチを使い、水分を残さないように優しく拭き取りましょう。

■洗剤を使う時はゴム手袋を着用

食器洗いやお風呂掃除などに使う洗浄力の高い洗剤には、脱脂力や刺激性が強いものもあり、素手で扱うと手に負担をかけてしまう場合があります。洗剤を使う時には、ゴム手袋を着用して手肌を守りましょう。

また、冬場などお湯を使って洗い物をする時、ゴム手袋をつける前にハンドクリームを塗っておくとスチーム効果で手がしっとり。家事をこなしながらハンドケアもできて一石二鳥です。

■手洗いや水仕事の後はハンドクリームを塗る

手や顔を洗った後や水仕事の後にハンドクリームを塗る習慣をつけましょう。

手を洗うたびにハンドクリームを塗るのは面倒かもしれませんが、手を洗うとハンドクリームも洗い流され、保湿や保護効果も弱まります。

■紫外線ケアも忘れずに

手の老化を防ぐには、紫外線対策も欠かせません。

特に通過力が強く真皮まで到達してダメージを与えるUV-A(紫外線A波)は、真皮の薄い手肌にとっては大敵。しかもUV-A(紫外線A波)は年間を通して地表に降り注いでいます。その点では顔以上に紫外線対策が必要とも言えます。

季節や天候、室内外をを問わず日焼け止めなどを活用して紫外線を防ぎましょう。手は洗う頻度が高いので、まめな塗り直しも忘れずに。また、バイクや車の運転をする場合は、UVカット加工の手袋が効果的です。

ハンドケア

フェイスケアと同じように、ハンドケアも正しく丁寧なお手入れを日々積み重ねることで、若々しい手肌をキープすることができます。

■ハンドクリームの正しい塗り方

こまめにハンドクリームを塗っているという方も、手の表面をなでているだけできちんと塗れていないことも多く、これではハンドクリームの効果が十分に発揮されません。まずは、ハンドクリームの正しい塗り方を習慣づけましょう。

1.手の平にとったクリームを両手をこすり合わせるようにして温めます。温めることでクリームの伸びが良くなり、浸透力も高まります。

2.温めたクリームを手の甲に広げ、優しく抑えるようにプレスしてクリームを馴染ませます。この時強くこすると肌を傷めてしまうので注意しましょう。

3.次に指の付け根から指先まで、1本1本ていねいに塗っていきます。指の付け根の間や関節のしわの中、爪周りまで塗り残しのないようにします。

4.最後にベタつきが残らない程度に手全体に馴染ませます。

ハンドクリーム

■朝晩は、化粧水でしっかり保湿

朝晩のお手入れでは、ハンドクリームを塗る前にたっぷりの化粧水を手肌に馴染ませてください。その上にクリームを塗ればうるおいが閉じ込められて保湿効果が高まります。日中、ハンドクリームを塗り直す時も化粧水で保水してからクリームを塗ることを心がけましょう。

また、手荒れや乾燥が気になる場合には、ローションパックを取り入れてみましょう。肌がしっとりとうるおい、ふっくらとした肌になります。

■ハンドマッサージ

シミやしわ、血管が太く浮き出るなどの手の老化は、血行不良も大きく関係しています。血行不良の改善には、ハンドマッサージが効果的です。

ハンドクリームを使い、指の付け根の間、爪の周りなどを小さく円を描くようにマッサージしたり、指の付け根から指先に向かって引っ張るように優しくゆっくりマッサージするなど、自分が気持ち良いと感じる程度の力加減で行ってみてください。

特別にハンドマッサージの時間を作らなくても、ハンドクリームを塗る時に取り入れると効率よくケアすることができます。血行が良くなるとくすみ解消や肌の透明感アップも期待できます。

ハンドケア

老いを感じせない若く健康的な手は、日々の小さな努力と丁寧なケアによって作られます。明日からではなく今から、顔だけでなく手にも意識を向けた毎日を始めましょう。

  • LINEで送る