薄着になる前に、乾燥チェック!

  • LINEで送る

ぽかぽか陽気の春。重いコートを脱ぎ去って、颯爽と出歩きたくなりますよね。

でも、春はまだまだ肌が乾燥しやすい季節。そんな時に薄着になってしまっては、肌表面の水分がどんどん失われてしまいます。

乾燥で肌がガサガサにならないように、まずは肌の状態をチェックしてみましょう!

乾燥肌チェックポイント

☑ 1、エアコンの効いた部屋に1日中いることが多い
☑ 2、熱いお湯のお風呂が好き
☑ 3、野菜や果物をあまり食べない
☑ 4、ビニールの袋がくっついて開けられない
☑ 5、冷え性である
☑ 6、便秘に悩んでいる
☑ 7、肌がかゆくなることが多い
☑ 8、肌を触るとゴワゴワしている
☑ 9、化粧水は肌にしみる
☑ 10、メイクのりが悪い

いかがですか?半分以上当てはまる人は要注意!知らず知らずのうちに肌が乾燥しているかもしれません。

薄着の季節になる前にしっかり乾燥対策を行い、美しい素肌を取り戻しましょう。

お手入れチェックポイント

「冬は乾燥する季節」という意識が強いので、しっかりお手入れする方が多いのですが、春は気温が上昇して肌まで潤ったように感じてしまうので、ケアをおろそかにしがちです。

でも、春もまだまだ湿度が低いので、冬と同じようにちゃんとお手入れをする必要があります。

「首もと・デコルテ」、「かかと」、「ひじ・ひざ」のお手入れを忘れていませんか?冬の間はコートやタートルネック、厚手のニットなどに隠れて気付きにくいですが、手を抜いてケアをしているうちに乾燥が悪化しているかも知れません。

きちんとお手入れが出来ているか、もう一度チェックしてみましょう。

■チェックポイント1:首・デコルテ

実はきちんとお手入れが必要!デコルテケア

「首・デコルテ」は皮膚が薄くダメージを受けやすいパーツです。顔のお手入れの延長でしっかりスキンケアをしてあげましょう。ローション、美容液、クリームを首・デコルテまでつけて、肌に潤いを与えてください。

■チェックポイント2:かかと

かかと

ブーツやタイツで隠れて油断しがちな「かかと」。他の部位より新陳代謝が滞りやすく、古い角質が溜まる部分です。皮脂腺がなく、肌が乾燥しやすいのもかかとの特徴。

まずは温めて皮膚を柔らかくした後に、たっぷりとクリームで保湿しましょう。ボディ用のスクラブや天然塩で優しくマッサージをするのも効果的です。

■チェックポイント3:ひじ・ひざ

ひざ

冬の間お手入れを忘れがちな「ひじ」と「ひざ」。汚れや古い角質でくすんだりゴワついたりしていませんか?

ひじやひざは、乾燥すると皮膚が硬くなってしまうので、保湿力の高いクリームでやさしくケアしてあげましょう。夏になって露出が増えた時に目に付く部分ですので、早めにお手入れを。

春の乾燥対策

春は低い湿度のまま気温が上がるので、肌が乾燥しやすい季節です。加湿器などで部屋の湿度を上げて、乾燥しにくい空間作りをすることも大切です。

また、紫外線が急激に強くなる季節でもありますので、UVケアもお忘れなく。

乾燥対策はスキンケアだけではなく、普段の食事も大切です。肌にいいと言われている栄養素はたくさんありますが、その中でも乾燥肌に良いと言われている栄養素はビタミンA、B、C、E、セラミド、亜鉛などがあげられます。食事の中で意識的にこれらの栄養素を取り入れてみましょう。

健康的な食事

春は暖かく過ごしやすい季節ですが、油断をすると1年で最も乾燥が進む季節になってしまいます。薄着になる前に肌の調子をチェックして、美しい素肌を維持していきましょう。

  • LINEで送る