冷えからくる肌トラブル

  • LINEで送る

「冷えは万病のもと」とも言われ、肌にも体にも悪影響を与えます。

特に女性は男性よりも熱を作り出す筋肉量が少ないため冷えを感じやすく、その影響で肌トラブルを招きやすい傾向にあります。

寒さが厳しい季節も冷えない体づくりで、トラブル知らずの肌を手に入れましょう。

寒がる女性

冷えが招く肌トラブル

なぜ「冷え」が肌の不調につながるのでしょうか?

私たちは、体が冷えて寒さを感じると、全身の血管をギュッと収縮させて体温を維持しようとします。血液の流れを減らして熱が外へ逃げないように働くのです。

これは、冷えから体を守ってくれる反応ですが、血管を収縮させると血液の流れが悪くなります。

血液は、細胞が必要とする栄養素や酸素を届け、不要な老廃物を回収する重要な役割を担っていますが、血流が悪くなると、細胞に十分な栄養素や酸素が届かなくなり、老廃物も溜まってしまいます。冷えで顔がむくむのは、肌細胞に溜まった水分や老廃物が原因だと考えられます。

肌細胞に十分な栄養や酸素が届かなくなると、肌細胞が活性化されずにターンオーバーの機能が低下してしまいます。

ターンオーバーが乱れると、古い角質が肌表面に溜まり、くすみやゴワつきの原因になるだけでなく、ニキビや吹き出物を発生させることがあります。

紫外線の刺激などでできたメラニン色素も排出されず、そのまま沈着してシミになってしまうことがあります。

また、冷えによる血行不良は、赤ら顔やクマなどのトラブルにもつながります。血液が毛細血管を無理に広げ、滞った血液が皮膚から透けるようになるため、赤ら顔になったり、クマができてしまったりするのです。

冷えの原因

体を冷やす原因は、体が感じる寒さだけでなく、自律神経の乱れや筋肉量不足も大きく関係しています。

自律神経は、血行や代謝、体温調節など体のさまざまな働きをコントロールしています。そのため不規則な生活習慣や過度なストレスなどで自律神経が乱れると、体温調節がうまくできず、内臓の働きも低下。血流の悪化を招き、全身に熱が送られずに体を冷やしてしまうのです。

私たちの体は、筋肉を動かすことによって熱を生み出しています。そのため運動不足で筋肉量が減ると体内で作られる熱量も低下し、冷えにつながります。運動をしない食事制限だけの無理なダイエットも筋肉量を減らし、冷えの原因となるので気をつけましょう。

ストレッチ

冷え対策で、肌も体も健やかに

では、冷えによる肌や体の不調を防ぎ、冷えない体づくりをするためには、どうすればいいでしょうか?

■運動で筋肉量を増やす
寒い季節は運動不足になりがちですが、運動不足は体の熱を生み出す筋肉量不足につながります。適度な運動を習慣づけて、筋力をつけましょう。

筋肉を動かすことは血行促進にもつながります。特にふくらはぎは、血液を心臓に送る大切な働きがあるパーツです。ふくらはぎの筋肉を動かすと血液の流れが良くなります。

ハードな運動をする必要はありません。じんわり汗をかく程度の軽い運動でも筋力アップにつながります。

寝起き・寝る前にストレッチをする、エスカレーターを使わずに階段を利用する、通勤ついでにウォーキングをする、家事の最中につま先立ちをするなど、日常生活のついでにできるような軽い運動でいいので、続けられる運動を取り入れましょう。

■栄養バランスの良い食事
冷え対策には、毎日食べる食べ物から改善することも大切です。

体が熱を作り出すのに欠かせないのが、タンパク質です。タンパク質を多く含む肉類、魚類を積極的に食べるようにしましょう。肉や魚の脂質が気になるという方は、低脂質で高タンパクの豆類をうまく活用すると良いでしょう。

自律神経を整える作用のあるビタミンB1も意識して摂りたい栄養素です。ビタミンB1は、豚肉、大豆類、キノコ類、昆布、海苔に多く含まれています。

また、寒い地方や冬に採れる生姜、ニンニク、ネギ、ゴボウなどの野菜は、体を温めるものが多いと言われています。タンパク質やビタミンB1を含む食材と組み合わせて、献立を工夫してみてください。

■湯船に浸かる
湯船に浸かり、じっくり体を温めましょう。自律神経が整い、血行が促されます。お湯の温度は、38~40度くらいのぬるま湯で。熱すぎるお湯は、逆に自律神経のバランスを崩し、冷えを悪化させる場合があるので注意しましょう。

■ストレス解消
自律神経を整えて、血行を促進するためには、ストレスをためないことも大切です。しっかり睡眠をとって体を休める、好きな音楽を聞く、趣味に興じるなど、自分なりのストレス解消法をみつけましょう。

また、ジョギングやウォーキングなどの軽い運動は、ストレス解消やリラックス効果だけでなく、血行促進や筋力アップにもつながります。冷え対策にはおすすめです。

お風呂

冷えからくる肌トラブルや体の不調は、軽い運動を取り入れたり、生活習慣を見直したりすることで、冷えの大敵である血流の悪化を予防、改善することができます。つらい冷えに悩まされている方は、今回ご紹介したことを参考に、冷えない体づくりを始めましょう。

  • LINEで送る