冷えが招く肌トラブル

  • LINEで送る

多くの女性が抱える悩みのひとつに「冷え性」が挙げられます。肩こり・腰痛・便秘・不眠など、いろいろな不調を引き起こす、まさに“万病のもと”です。

そんな厄介な冷え性が、肌にも悪影響を及ぼしていることをご存知ですか?

実は、冷え性と肌荒れには深い関係があります。今日は冷え性が肌に及ぼす影響と、その対策について考えてみましょう。

冷えが招く肌トラブル

冷え性とは?

「冷え性」という言葉はよく聞きますが、どのような症状を指すのでしょうか。

体の隅々まで張り巡らされた血管は、細胞が必要としている栄養を届け、不要な老廃物を回収する重要な役割を担っています。正常な状態だと、このやり取りがスムーズに行われているので、新陳代謝も正常に働きます。

しかし、体が冷えると血流が悪くなり、細胞が「栄養不足!」「老廃物が捨てられない!」という状態に陥ってしまいます。これが冷え性と呼ばれる症状で、体が冷えるだけではなく頭痛・生理不順・むくみなど、様々なトラブルを引き起こすのです。

特に女性は男性に比べて熱を作り出す筋肉量が少なく、温まりにくい性質を持つ皮下脂肪をたくさん抱えているため、冷え性になりやすいと言われています。

“冷え”が肌に及ぼす影響

体が冷えると、皮膚は血液の流れを減らして熱が外へ逃げないように働きます。

冷えから体を守ってくれる反面、血流が減ることで皮膚に十分な栄養が行き届かなくなり、肌の育成に必要な養分が少なくなっていきます。

さらに、体温を逃がさないように全身の血管が縮むとリンパの流れも悪くなります。リンパの流れが悪くなると、代謝が悪くなり、ターンオーバーの機能が低下してしまいます。

そうすると体だけではなく、お肌にとっても様々なトラブルを引き起こします。

体が冷えてターンオーバーが乱れると、肌表面に古い角質が残ってしまい、充分な水分を貯め込むことが出来なくなくなります。

古い角質が溜まると、「くすみ」や「シミ」の原因になるだけでなく、「ニキビ」や「吹き出物」を発生させることがあります。

また、流れが滞った血液が毛細血管を広げて皮膚から透けるようになるため、「赤ら顔」になったり「くま」ができたりする場合もあります。

冷え性対策で、お肌も健康に

それでは、冷えによる体の不調やお肌のトラブルを防ぐためにはどうすればいいでしょうか?

日常生活で一番手軽に取り入れられるのは、体全体をしっかりと温めることができる「入浴」です。

「熱いお湯に浸かれば、冷え性も解消するのでは?」と、お思いの方もいらっしゃるかもしれませんが、熱いお湯に浸かると自律神経のバランスが崩れてしまい、逆に冷え性を悪化させる場合があります。

もちろん、シャワーだけで手軽にすませるのも、体の芯まで温めることができないのでNGです。

冷え性の対策としては、「熱すぎるお湯」でも、「手軽なシャワー」でもなく、「38~40度くらいのぬるま湯で、じっくりと温まること」がオススメです。

ゆっくりお湯に浸かり、体を芯から温めてあげてください。

入浴

また、入浴後の簡単な運動も冷え性に効果的です。血の流れが悪くなることから冷えが生じるので、筋肉を動かすことで血流が良くなり、冷え性が改善されます。

お風呂上りや就寝前に軽くストレッチを行うだけでも血行は良くなります。特にふくらはぎは血液を心臓に送る大切な働きを行いますので、ふくらはぎの筋肉を動かすと血液の流れが良くなります。

そして、「食」も冷え性対策にはとても重要です。

加工食品やアルコール類、夏に採れる野菜などは体を冷やすと言われています。反対に、寒い地方や冬に採れる「生姜・にんにく・ねぎ」などの野菜は、体を温めるものが多いと言われていますので、積極的に取り入れてみましょう。

冷え性は、日々の生活習慣をほんの少し変えていくだけでも改善されます。冷え性が改善されるとお肌の調子も良くなるので、できるところから日々の生活を見直してみましょう。

  • LINEで送る

アトピスマイル 薬用入浴液

米由来の成分として、日本で初めて認可を受けた入浴剤用の医薬部外品有効成分「ライスパワーNo.1-D」を配合。高いスキンケア効果と温浴効果を実現します。

天然香料(森林の香り)のみを使用しています。


詳細はこちら