ポツポツできる背中ニキビ!きちんと対策して後ろ姿美人に

  • LINEで送る

女性の背中

顔にできたニキビはすぐに気づくけれど、背中のニキビは自分では気づきにくいもの。水着や背中の開いた服を着た時に家族や友人から指摘されて、辛い思いをした方もいらっしゃるのではないでしょうか?背中がニキビで荒れていると、夏のおしゃれをためらってしまうものです。

また、背中のニキビは気づきにくい分ケアが遅れて悪化させやすく、一度できると何度も繰り返してしまいがちです。正しいケアでニキビのない滑らかな肌をキープして、後ろ姿美人を目指しましょう。

なぜ背中が荒れる?

背中は、顔やデコルテと同じように体の中でも皮脂腺が多いパーツです。そのため皮脂の分泌量が多く、汗もかきやすい上に衣類で蒸れやすい環境にあるので、ニキビなどの肌トラブルを起こしやすくなります。

しかも、背中は目も手も届きにくい場所。ニキビができた事に気づきにくくケアもしにくいので、何度も繰り返したり悪化させたりして、ニキビ痕として残ってしまう場合もあります。

背中に悩む女性

背中ニキビができる仕組み

背中のニキビは、顔にできるニキビと同じで、過剰な皮脂分泌によって毛穴が詰まることで発生します。

でき始めのニキビは、指で触れるとわずかに小さな塊を感じ、肌の表面をよく見ると白くポツポツしたものが見えます。これは「白ニキビ」と呼ばれ、この段階できちんとケアすれば改善も早いのですが、背中は目や手で確認しにくいため、自分では気が付かないまま進行させてしまうことが多いのです。

この「白ニキビ」が進行し、毛穴に詰まった皮脂に汚れが付着したり、空気に触れて酸化して黒くなった状態が、「黒ニキビ」です。この段階になると、小さなホクロやシミのように見えて目立つようになります。

そしてさらに進行すると、毛穴の内部でアクネ菌が繁殖して炎症を起こし、赤く腫れて痛みやかゆみを伴うようになります。これが「赤ニキビ」です。ここまで悪化するとニキビ痕が残る可能性がありますが、赤ニキビができて初めてその存在に気付く場合も多く、これが背中ニキビの厄介なところです。症状が悪化すればするほど改善までに時間がかかり、ニキビ痕を残す可能性も高まります。

背中ニキビができる原因は?

では、なぜ背中ニキビができてしまうのでしょうか。その主な原因は、ホルモンバランスの乱れにあると言われています。

私たちは、過度なストレスや睡眠不足、過労などが続くと自律神経が乱れ、緊張時やストレスを感じている時に働く交感神経が優位になります。するとホルモンバランスが崩れ、皮脂の分泌を促す男性ホルモンが過剰に分泌されるようになります。このため毛穴詰まりが起こりやすくなり、ニキビができやすくなってしまうのです。

また、女性の場合は、生理、妊娠、出産、更年期など女性ホルモンのバランスが乱れる時期には、汗や皮脂の分泌量も変わるため、肌の調子を崩して毛穴詰まりを招きやすくなります。

さらに、ターンオーバーの乱れやバリア機能の低下も毛穴詰まりの原因の一つです。

ターンオーバーのサイクルが乱れると、古い角質が剥がれ落ちずに肌に溜まって角質を厚く、硬くします。すると毛穴の入り口が狭くなり、詰まりやすくなってしまうのです。こうした角化異常を起こす要因としては、生活習慣の乱れ、石けん・シャンプーの洗い残し、洗浄力の強い石けんの使用、洗濯洗剤や柔軟剤の界面活性剤や香料による刺激などが考えられます。

背中を洗う

背中ニキビの対策

背中ニキビの対策で大切なのは、ニキビを作らないこと。そして出来てしまったニキビは早めにケアすることです。肌を清潔に保ち、規則正しい生活とスキンケアを心がければ、美しい背中を保つことができます。

清潔を保つ

肌についた汚れや汗を落として清潔を保ちましょう。ただし、洗う時は力任せにゴシゴシこすりすぎないように注意しましょう。強い刺激や摩擦でニキビを悪化させたり、必要以上に皮脂を落としすぎることでかえって過剰な皮脂分泌を招いてしまったりします。

また、石けんやシャンプー、リンス(コンディショナー)成分もしっかり洗い流しましょう。背中にすすぎ残しがあると毛穴詰まりの原因となります。洗う順番を頭、体の順で進めると背中のすすぎ残しを防ぐことができます。

しっかりスキンケアする

背中は手が届きにくくケアしにくい場所ですが、顔同様背中もしっかりお手入れしましょう。肌が乾燥するとターンオーバーのサイクルが乱れ、毛穴が詰まりやすくなります。保湿効果の高いアイテムできちんとケアして潤いを保ちましょう。

また、ニキビは過剰な皮脂分泌によって毛穴が詰まることでできるので、その根本原因である過剰な皮脂分泌を抑制するアイテムでのケアも効果的です。

薬用皮脂ケア美容液「ライース クリアセラムNo.6」に配合された「ライスパワーNo.6」は、皮脂腺そのものに働きかけて「皮脂分泌を抑制」することが認められた唯一の成分です。皮脂腺に直接働きかけ、過剰な皮脂分泌のみを抑制するため、必要な皮脂は残して肌に優しい皮脂ケアが可能となります。

ニキビ痕のケアには、ターンオーバーを促すお手入れが必要です。ターンオーバーが正常に働いていれば、ニキビ痕のついた細胞がはがれ落ちることとなり、次第にニキビ跡が薄くなることが期待できます。

水分保持能の改善効果のある「ライスパワーNo.11」を配合した化粧品でケアすれば、内側からしっかりと水分を蓄えられる肌を育てることができ、ターンオーバーを健やかに整えるのに役立ちます。

睡眠

生活習慣を見直してホルモンバランスを整える

背中ニキビの改善や予防のためには、生活習慣を見直してホルモンのバランスを整える必要があります。

規則正しい生活を心がけて、睡眠をしっかり取りましょう。睡眠は、成長ホルモンを分泌させ、肌のターンオーバーを促す働きがあります。肌や体の調子が整い、リラックスすることでストレスも解消されます。

また、背中ニキビを防ぐには、食生活の改善も大切です。

甘いものや脂っこいものはなるべく控えて、皮脂分泌を抑制するビタミンCや、皮膚の炎症予防やホルモンバランスを整える効果があるビタミンB2を積極的に取り入れながら、バランスの良い食事を心がけましょう。

背中ニキビは、日頃の生活習慣や間違ったスキンケアを見直し、適切なケアを行うことで改善することができます。いつでも自信をもって背中の開いたおしゃれを楽しめるように、さっそく今日から実践してみてください。

  • LINEで送る