ライースリペア

ご愛用者が語る
肌育エピソード

#17

肌のコンディションが良いと、自然体で元気よく過ごせる。
これからも、毎日のスキンケアの積み重ねを大切にしたいと思います。

(ライース®リペア歴 1ヵ月 園山 さま 談)

カラーセラピストとして活躍されている園山さま。
セラピストとしてお客様のお話を聴くために、常に心に余裕を持ちたいと思いつつ、
季節の変わり目の肌トラブルで余裕を失うこともあったそうです。

さま

園山 美成 さま(45歳)
※年齢はインタビュー時のもの

お仕事
カラーセラピスト
家族構成

夫(49歳)

肌質

混合肌

肌悩み

乾燥・ハリの無さ・Tゾーンのベタつき・テカリ

ライースリペア愛用歴

1ヵ月

スキンケアにかける時間
朝10分、夜10分

Q1:カラーセラピストのお仕事・ご自身のお肌について教えてください。

お客様のお話を聴くために「自分の心を豊かに、余裕のある状態」にしたい。
でも、肌の調子が悪いと余裕がもてないことも...。

「人から見られること」を意識してスキンケアにこだわりながらも、年齢を重ねるとともに、夕方の顔に自信がもてなくなっていました。
   カラーセラピストのお仕事は、色を用いてカウンセリングを行い、お客様に「自分の状態を知ってもらう」ことです。カウンセリングにいらっしゃる方は心理的な負担を抱えている場合が多く、「何が原因となっているのか」「自分はどうしたいのか」に気づけない状態です。そこで、カラーボトルを用いてお客様のお話を聴き、「どこに問題があるのか」を明らかにすることによって徐々に問題解決へと導いていきます。カラーセラピストはあくまで「ナビゲーター・まとめ役」で、問題解決のヒントはお客様の話す言葉の中にあるんです。

   お客様の話をフラットな立場で聴くために「自分の心を豊かに、余裕のある状態にすること」を大切にしながらお仕事をしているのですが、40代になってから体の疲れや肌の乾燥・肌荒れが気になり始めて、余裕がないときも多くなりました。肌のコンディションが悪いと、何も悲しいことがなくても気持ちが沈んだり、生活にもマイナスの影響が出てしまいますね。

Q2:ライースリペアは
どのように知りましたか?

季節の変わり目にはいつも肌荒れ。
老化をリアルに感じ始めました。

   肌荒れは季節の変わり目に特に起きやすくて、鼻のまわりの皮がむけたり、ピリピリとかゆみを感じたりします。冬から春の境目では、吹き出物みたいなブツブツが出ることも。刺激がない化粧品を選んで使ってはいましたが、根本的な改善は見られず、老化がリアルに感じられて悲しくなりました。

   知人の紹介でライースリペアの存在を知り、メーカーに問い合わせてみると「継続して使用していただくことによって、ライスパワーNo.11が内側※1から健やかな細胞で満たされた元気な肌へと育みます」と教えてくれたので興味をもって使い始めました。というのも、この歳になって「毎日・コツコツ」の大切さを実感するようになっていたから、「育む」っていう言葉にすごく惹かれたんです。

Q3:ライースリペアを使って、
肌の変化など何か感じましたか?

ふんわり上質なベールに包まれるような使用感。
クリームへの苦手意識がなくなりました。

肌にも、気持ちにも嬉しい変化が。年下の女性に「肌がきれい!」と連続して褒められました!
   まずはクリームの触り心地のやさしさとベタつきの無さに「使いやすい!」と、嬉しくなりました。混合肌でTゾーンのベタつき・テカリを気にしていたので、今まで春・夏はクリームを使ってお手入れをすることがなかったんです。ジトっとして気持ち悪いなあ、と思っていて。でもライースリペアのクリームは、ふんわり上質なベールに包まれているようなつけ心地。「これなら1年中しっかり使えそう!」と思い、クリームへの苦手意識がなくなりました。

   クリームをお手入れに加えたからなのか、早い段階で口の周りの粉ふきがなくなり、肌が潤ってきたのを感じられました。

ライスパワー® 肌育ロジック

ライスパワー 肌育エピソード
「肌奥に、すばやく」が化粧水の役割です。

「守る」だけでなく、「浸透する※1」軽やかなクリーム。

   「クリーム」というと、「肌を守る」「こってり」といったイメージをお持ちの方が多くいらっしゃいます。お手入れの最後のステップですので、「肌を守る」役割ももちろん必要ですが、表面に乗っているだけでは意味がありません。ライースリペアのクリームは「肌を守る」役割に加えて、有効成分ライスパワーNo.11をじっくりと肌奥※1へ浸透させる働きももっています。化粧水、美容液と先に使用したライスパワーNo.11を肌内部に閉じ込めることによって、改善※2ステップを完成させます。

   園山さまの仰るとおり、とても軽やかなつけ心地なので、クリームに苦手意識のあるお客様にも大人気の商品です。

Q4:ライースリペアを1ヵ月ほどご愛用いただいていますが、使い続ける理由を教えてください。

肌のコンディションが良いと、自然体で元気よく過ごせる。
これからも毎日のスキンケアの積み重ねを大切にしたいと思います。

人生も、スキンケアも、「土台づくり」が1番大事。
これからも毎日の生活を積み重ねつつ、新しいことに挑戦していきたいですね。
   ちょうど冬から春にかけてライースリペアを使ってみて、季節の変わり目の肌トラブルが和らいだような気がします。いつもなら何もしていないのにピリピリしたり、吹き出物が出たりしていたのに、そういった目立ったトラブルが少なくなりました。肌が潤いで満ちたように素肌の触り心地も良くなって、「気持ちいいものに触れるって、嬉しいことなんだなあ」としみじみ感じています。

   肌にトラブルがあると、必然的に化粧のりも悪くなりますよね。そうすると、何だか自分はハンデを背負っているように感じられて、「頑張らなきゃ!」って1日の始まりに無駄に力が入ってしまうんです。でもコンディションが良いと、気持ちの面でもリラックスしてナチュラルな自分でいられます。ライースリペアのおかげで、自然体で元気よく過ごせることが増えて、素直に嬉しいですね。当たり前のようで「自然体でいること」って難しいことなんだ、と再認識させられました。

   私くらいの年齢になってくると、1日で肌の調子がガラっと変わることなんて有り得ないと思うんです。だからこそ、きれいでいるためには毎日の積み重ねが大切だと考えるようになりました。これからも、仕事もスキンケアもコツコツ地道に積み重ねて、自然体で輝けるようにしていきたいですね!

私のスキンケア~Myskincare~

ライスパワー 肌育エピソード
私のスキンケア

【夜のお手入れ】

  • 1ライースリペアインナーモイスチュアローションNo.11
  • 2ライースリペアインナーモイスチュアエッセンスNo.11
  • 3ライースリペアインナーモイスチュアクリームNo.11    

「クリームがお気に入りですが、今まで使っていなかったので適正な使用量がわかりません。どのくらい使ったら良いのでしょうか?」

コミュニケーターからのお手入れポイント

スペシャルケアの美容液で肌奥から光あふれるツヤ肌へ。

クリームの1回の使用量はパール粒程度です。

   クリームの1回の使用量はパール粒(小豆粒)程度です。「少ない」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、非常に伸びの良いクリームなので、この量で顔全体に行き渡ります。顔に塗布する際に、ムラができないように5点(両ほほ・額・あご・鼻)に置いてから全体になじませることをおすすめいたします。乾燥が気になる部分には重ねづけしていただくと、さらに効果的です。

   適正な使用量を守っていただくことによって、ライスパワーNo.11の改善※2効果がしっかりと発揮されますので、ぜひお試しください。
※1 基底層      

※2 皮膚水分保持能の改善による      


お客様係勇心酒造営業部

勇心酒造 コミュニケーター上乃 亜依子

しっかりと相手の話を聴きながら、あたたかいオーラで包んでくださる園山さま。これからも、お客様からたくさんのお話を引き出し、お悩み解決へ導かれることと思います。スキンケアによって、自然体で美しく輝く園山さまのお手伝いができるよう、努めてまいります。

ライスパワーショップへ